川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

僕の始まりは父の買ってくれたピアノだった。

投稿日:

チャー絆という若いバンドのメンバーに出会った。

アコースティックギターとキーボードの男女2人組。
ピュアなサウンドの上に、忌野清志郎のような雰囲気のボーカルが乗る。

洗練されている必要はない。

自分たちのメッセージをしっかりと持って、荒々しいまでに表現し続けて
いてほしいと思った。

出会いの記念にCDを購入。

「有名になったら自慢するよ」と、サインを入れてもらった。

葬儀場に向かう直前、実家の居間で、父に最後に。

父の大好きだった河島英五の「野風増」をピアノで演奏してあげた。
このピアノを買うのに、父はずいぶん、無理をしてくれたそうだ。

音楽というチャンスを与えてくれたから、僕は多くの人に出会い、また、
様々な「表現」に興味を持つ、きっかけを得ることが出来た。

同じように、音楽や表現に情熱を注ごうとしている人たちに、自分もまた、
精いっぱいのエールを送られるようで在り続けたい。

帰宅、そして創作に勤しむ時間。

あ、なんだ。
刺激を受けたのは、自分の方だったんだなぁ。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

花火。

夏~。

no image

腹の中にいる 暴れ狂うこの虫。

変わらなければいいと思うものほど 急な流れに巻き込まれ変わって欲しいと思うものは 頑固にそのまま居座り続けることをやめない 皮肉なものですね 変化と無変化の間の苛立ちや戸惑い 焦燥の中で みんな生きて …

no image

にんげんとにんげん以外の生き物。

車道に横たわる命。 伸びようとする腕や足は、まるで寝起きのようでそうではなくて、きっと断末魔の時間、最後の景色を見ているに違いなかった。 反対車線のにんげんの一人であった僕は、苦しさに襲われながらも、 …

順調に育ってます。

わが家のすいか。

静岡みかんジュース。

いまお通夜が終わりました。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly