川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

僕の始まりは父の買ってくれたピアノだった。

投稿日:

チャー絆という若いバンドのメンバーに出会った。

アコースティックギターとキーボードの男女2人組。
ピュアなサウンドの上に、忌野清志郎のような雰囲気のボーカルが乗る。

洗練されている必要はない。

自分たちのメッセージをしっかりと持って、荒々しいまでに表現し続けて
いてほしいと思った。

出会いの記念にCDを購入。

「有名になったら自慢するよ」と、サインを入れてもらった。

葬儀場に向かう直前、実家の居間で、父に最後に。

父の大好きだった河島英五の「野風増」をピアノで演奏してあげた。
このピアノを買うのに、父はずいぶん、無理をしてくれたそうだ。

音楽というチャンスを与えてくれたから、僕は多くの人に出会い、また、
様々な「表現」に興味を持つ、きっかけを得ることが出来た。

同じように、音楽や表現に情熱を注ごうとしている人たちに、自分もまた、
精いっぱいのエールを送られるようで在り続けたい。

帰宅、そして創作に勤しむ時間。

あ、なんだ。
刺激を受けたのは、自分の方だったんだなぁ。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

コリドラスパンダ。

水草の上で一休み。

太陽と埃の中で

毎年2月は体調を崩す。 風邪の症状に今回は歯茎の不調も加わった。まだインフルエンザにはなっていないが、どうやら兵庫県では大流行をしているようなので、これも時間の問題なのではないかと思っている。 「耳鳴 …

no image

風当たりにも追い風にもなる、新しいところで。

もうひとつのブログコトバノがはてブのホッテントリに掲載された。以後アクセスが殺到して、半日で万という単位のページビューを計測する。許容量をオーバーして、数分ごとに503エラーを返すサーバ。こういう経験 …

no image

ふたりのセールスマンの間にあったものを。

日産とホンダへ(トヨタは消えた)。 自分も営業をずっとやってきた人間だから、営業マンの気持ちがよくわかる。ディーラーで車を買うのではない、人から車を買いたい。 ・お客様の自尊心をくすぐる会話が出来てい …

経営者といえども 〜同友会青年部渉外委員会に参加して

中小企業家同友会、青年部の集まり。年齢の近い人たちと考え、語り、行動を決めることの刺激。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly