川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

脳はまだ、涙そうそうを止められない。

投稿日:

講演会は田中先生(がんばれ!ヴィッセル神戸)に誘っていただいたのでした。

講師は作家で医師の米山公啓先生(米山公啓のブログ)。
フルートとオカリナを生演奏して下さったのは岡村美帆さん(miho’s diary)。

とてもわかりやすい講演でした。

「聞き流すだけでは」脳の活性化にはつながらない。
そこに、様々なイメージを付加してやることがトレーニングになる。

講演中には、実際に音楽を流して、それを聞いてイメージ出来た絵を描くという
時間も設けられました。

うまいでしょ?

「大きな古時計」を聞いて、時計以外のイメージを描いてみようという試み。
見てもらったらすぐにわかるとおり、

 【沈んでいく夕陽、行き交う赤トンボ、兄弟が虫網を持って家路を急ぐ】

という、日本人の誰の心にも懐かしい一場面を描いてみました。

絵描きになれますね。
絵を描く仕事、承りますよー、高いですよー。

・・・。

フルートの演奏、オカリナの響きには心癒されました。

きっと、音響機材にもこだわってらっしゃったんだと思います。
普通の会議室だったにも関わらず、その響きがより魅力あるものとして
心に届きました。

聞く人への配慮ある演奏と演出。
優しい時間でした。

映画のように2時間という時間をかけなくても、音楽は一瞬で「当時」に誘って
くれます。情景の真ん中に自分を置いてみるのも、情景を遠くから眺める
自分でいるのも、音楽は自由。

CDも買ってきましたので、時折はこんな風に、心を解放してやれる時間を
意識して持つようにしたいと思います。


(米山先生にサインを入れてもらいました)

講演の最後、皆で、「涙そうそう」を合唱。

あー、これはねー、さすがにねー。
まだ、無理だったなぁ。

隣のおばさんが「だいじょうぶ、ねぇ、大丈夫?」って、何度も心配して
くれました。

ん、心のリハビリ、すこしずつ、すこしずつ。

「脳がいきいきする音楽」講演メモ:

脳トレで活性化
→立証されていない

神経回路を増やすことが活性化。
繰り返しによって活性につながるタンパク質が増加する。
感情と連動させることが、効果的。
→受験勉強がはかどらないのは、心を揺さぶられることがないから。

アルツハイマーに関する新薬は10年以内に出そう。

左脳:言語、論理、数学
右脳:直感、空間、認識、全体、歌、和音、音色

音楽の歌詞は左脳、曲は右脳(一般的な傾向)

【ボケ防止に有効な方法は】

■ウォーキングがベスト(健康の基本)
ダイエットのためには30分以上必要だが、脳のためには10分を1日に
数回で良い。

■計画を立てて実行する習慣。
前頭葉は老いると1割程度縮むので、刺激してやること。
生きがいを持っている人ほど、ボケが出にくい。

■睡眠、寝る子は育つ。
寝ることで脳が忘れない回路を作る。
徹夜勉強<ある程度勉強すれば寝てしまう。

■知的レベルをあげる、たくさん勉強をする、知識欲。
右脳は直感、瞬時の判断。
脳が瞬時に判断できるということは、重要な局面において、結果的に
生き永らえる道を選択することが出来るということ。

■ストレス回避、判断の後回しは×。
前向きになれるかどうか、長寿の人は前向き。
くよくよしない生き方は神経物質が増える。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

にんげんとにんげん以外の生き物。

車道に横たわる命。 伸びようとする腕や足は、まるで寝起きのようでそうではなくて、きっと断末魔の時間、最後の景色を見ているに違いなかった。 反対車線のにんげんの一人であった僕は、苦しさに襲われながらも、 …

no image

僕が鳩サブレーを食べたくなった理由 ~命名権をあえて使わないで地域に応える社会貢献

▼命名権買ったけど やはり昔からの名前で NHKニュース 商売は売るのではなく、選ばれることだと思っている。売りの色を消すこと、語るよりも先に聞くこと。相手に興味を持つこと、お客さんのお客さんを想像す …

神戸元町・旧居留地オリエンタルホテルからの夜景と。

神戸元町・旧居留地オリエンタルホテルからの夜景。 写真じゃわかりにくいかな。神戸、やっぱり夜景は最高に綺麗です。 震災の後、光が戻ってきた瞬間の感動を思い出しました。 光は、生きてこそ、命あればこそ。 …

さすがコピーライター。

ゲームで漢字のお勉強。

山地獄。

コメントも浮かばぬ暑さと食べ過ぎの苦しさ。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly