川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】笹の葉は揺れて 刺されぬ世のことを   ばた

投稿日:

そう、なってしまったコト。

いつか当たり前だった平和や安全。
いま、祈らなければならないものへ。

だれかを信じなさいという言葉や教え。
いま、人を疑う性悪説へ。

短冊は、どのときから。

寒い季節に揺れるようになってしまったのか。

===

  【掲載】笹の葉は揺れて 刺されぬ世のことを

    ふあうすと2008年7月号
    裏表紙

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】それぞれの秘密を消していく火葬   ばた

それを罪悪と呼ぶ人もありましょうが。 それを守り通せたことに、少しばかり敬意を表して。良かったね、だとか、今度こそはね、だとか。 悪戯な想い。 僕は、知っていて、そっと、煙突の空を見上げているのです。 …

no image

【川柳】ランドセル抱いて 百人祈る母   ばた

誰にいじめられるでもなく誰を傷付けるでもなく どんな笑顔のときにもどんな悲しみに触れるときにも よこに まわりに そばに ずっと 温もりの宝もの つづきますようにって どの母も どの子にも まぶしいば …

no image

【川柳】子の憂い聞いてやるのも聞かぬのも   ばた

何も聞かずにそっとしていてくれた。 夜明けまで、ずっと聞いていてくれた。 一生懸命だった、想いの数々を。いつも、包んでいてくれましたね。 ありがとう、絶妙なまでの、温もりと、その。 ===   【掲載 …

no image

【川柳】死ぬ前に声に出したい恋 ですか   ばた

繋いでる。 あれが、始まり。今日からの、ずっと。 土曜日の放課後が待ち遠しかった、少年のこころは。 次の、小さな約束を、生きている。 — 【川柳】死ぬ前に声に出したい恋 ですか ふあうすと …

no image

【川柳】わがままを聞いてあげよう夏至の空

空が高くなっていくと、背伸びが気持ちいい。許すような気持ちで、誰かに微笑みかけたくなる。みんなみんなが、優しさを空に向けて、立ち直っていく毎日を共有出来るといいですね、と、三ヶ月が過ぎて 前川企画印刷 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly