川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】笹の葉は揺れて 刺されぬ世のことを   ばた

投稿日:

そう、なってしまったコト。

いつか当たり前だった平和や安全。
いま、祈らなければならないものへ。

だれかを信じなさいという言葉や教え。
いま、人を疑う性悪説へ。

短冊は、どのときから。

寒い季節に揺れるようになってしまったのか。

===

  【掲載】笹の葉は揺れて 刺されぬ世のことを

    ふあうすと2008年7月号
    裏表紙

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】康孝の孝 父の名と母の詩と   ばた

父から一字貰った名前の僕に、母はピアノを与えてくれた。 脳の何処かなのか、心と呼ばれる何かなのかを、僕は知らない。けれど、表現という泉のようなものは、間違いなくそんな二人から受け継がれ、養われたものに …

no image

【川柳】地球儀を見ればまあるい星なのに   ばた

血の流れる戦争も、ほんのささいな痴話喧嘩も。 まあるいまあるい地球の上。刺々しい出来事が続いて、止まなくて。 ぜんぶぜーんぶ、まあるいまあるい地球の上の出来事。 ===   【佳作】地球儀を見ればまあ …

no image

【川柳】もう誰も怒ってくれぬ夕茜   ばた

叱ってくれる人を大切にしたい。叱られて反省のできる、器を持ちたい。 夕焼け小焼け、発展途上。 こころ、からっぽの場所、 身にしみて、照らされて。ありがたくて、ひとりじゃなくて。 ===   【掲載】も …

no image

【川柳】白線の内側 鬼も胃薬も   ばた

選者:中川 一さんの選後評  何故「鬼」と「胃薬」が並列にならぶのか。その意外性が句の幅を広げる。臆病になった鬼は縄張りの外へ少しでもはみ出すことを恐れ、胃薬は箱と説明書に使用上の注意をぴっしりと書く …

no image

【川柳】死にたいと言い秋刀魚など焼いている   ばた

秋がやってきましたなぁ、今年も、今年も。 ===   【掲載】死にたいと言い秋刀魚など焼いている     ふあうすと2007年10月号    全人抄(谷口 幹男選)

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly