川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

父よりも少し年上、だから余計に。

投稿日:

お客様であるHさんが、この月末に定年退職を迎えられます。

今日は、何か思い出に残るものをお渡ししたくて、プレゼントをもってお邪魔して
きました。

春先から6月頃までが、Hさんに呼んでいただくことの多い時期でした。

いつも、経営のことを気にして貰ったり、家族のことを気にかけて貰ったりと、
熱いお茶をいただきながら、訪問するたびに、温かい時間を過ごさせて貰いました。

真っ暗な倉庫みたいなところで、ボロボロになったポスターなどを見つけては、
2人で笑いながら「作り直しましょうかぁ!?」なんて言ったりしてましたね。

世間を騒がせるニュースを話題にしては、一緒に憤りを覚えたりもしました。

まだまだお元気なのに、「定年」という区切りの時間を迎えられることが、不思議で
そして、とても寂しい限りです。

Hさんは、若造だからと僕や僕らを下に見ることは決してせず、いつも、最大の
敬意と優しさでもって、僕らと接してくださいました。

「印刷屋」だとか「業者」だとか、名前すら呼ばれず、苦しんだ最初の頃から。

変わらない笑顔と励ましで、この業界でやっていく勇気と自信を与えて下さいました。

いま、そんな時間を振り返りながら、もう一度、初心をしっかりと思い出して、
これからも、いい仕事をしていきたいという決意を新たにしています。

そうですね、近いうちに、必ず今度は。

ご自宅にお伺いします。
また、どうか、ゆっくりとお話をさせてください。

心から感謝しています。

おつかれさまでした、ありがとうございました。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

数字に縛られてはいけないけれど、数字を見えるようにすると届くもの。

2月の月間走行距離は267.7km。1月の206.7kmを大きく上回ることが出来た。 「1月よりも日数が少ない」 と、自分を追い込んでいく。 すると、週末を中心に「もう少し距離を稼ごう」という意識が生 …

no image

偶然でも必然でも、最後の想いのままでいる。

11月15日、ナンバープレートが1115の車を見た! ― たとえばそんな偶然を。  (いいことありそうだ) (ついてるな) この程度の思いで済ませられたら、誰にだってよくある話。 単なる偶然かもしれな …

no image

経営指針の立体化。

「経営指針の立体化をしよう」 姫路の定時総会でのバズで、そんなことを言ってみました。 成文化っていうのは有意義な作業だけれど、本当に価値があるのは、それを浸透させることが出来てから。 うちの会社では、 …

no image

父のいる空を決めようか。

役所での手続きを終える。 父の健康保険証や障害者手帳を返した。戸籍には×が入れられた。 障害基礎年金と障害厚生年金は、遺族厚生年金と名前を変えて、父から母への、贈り物になった。 葬儀会社に支払いを終え …

僕の始まりは父の買ってくれたピアノだった。

チャー絆という若いバンドのメンバーに出会った。 アコースティックギターとキーボードの男女2人組。ピュアなサウンドの上に、忌野清志郎のような雰囲気のボーカルが乗る。 洗練されている必要はない。 自分たち …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly