川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】傘を振る信号待ちの4番打者   ばた

投稿日:

雨に降られるのは鬱陶しい。
だが、雨に用心して、持って出た傘が役に立たなかった一日はもっと腹立たしい。

朝、出がけの判断ミス。

余分な荷物は、まるで傘以上の重さで腕に重く、
恨めしい太陽は、必要以上に僕を照らし、じりじりと焦がす。

うっとうしいーーーー!!!!!

周囲に誰もいないことを確認して、赤信号のピッチャーズマウンドを睨む。
4番打者の僕は、エースの投げる剛速球を軽やかに打ち返す。

しゅんっと、宙を切る音。 打球は勿論、誰にも見えない速度でスタンドへ運ばれる。

少し満足気な顔をして、僕は日常へと舞い戻る。

ほんとに誰も見ていなかっただろうな? と、もう一度だけ周囲を見回して。

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】ランドセル抱いて 百人祈る母   ばた

誰にいじめられるでもなく誰を傷付けるでもなく どんな笑顔のときにもどんな悲しみに触れるときにも よこに まわりに そばに ずっと 温もりの宝もの つづきますようにって どの母も どの子にも まぶしいば …

【川柳】震災の夜 神様のような湯気   ばた

一瞬が全てを裂いた。 冷たい朝だったことを覚えている。 雪は、廃墟に立ちつくすひとたちを刺しながら舞った。 訪れてくれた友たちと、温度を求めて街を彷徨った。 元町にある父と母の店は、燃えているのだろう …

no image

【川柳】封書待つ蕾を愛でる顔をして   ばた

合格の嬉しい便りは封筒で届く。 この春、新しい道を歩みだす、輝かしい人たちへ。 どうか、素晴らしい人生を。そして、その封書を、優しい顔をして、辛抱強く待ち続けた人のために。 一生懸命、応え続けてあげて …

no image

【川柳】持ち方を叱られた箸骨拾う   ばた

4月に亡くなった祖父。 いつも優しい、そして、厳しい人でした。幼少の頃、テレビを見ながら食事をしていると、それだけで怒られたり、箸の持ち方を怒られたことが忘れられません。 激動の昭和を生きて。すっかり …

no image

【川柳】雲のない空だ占い信じない   ばた

今月も川柳マガジンで選んでいただきました。 川柳って、面白いなぁと思うんですが、どうしてもそれを趣味とされている方の大半がご高齢になるので、難解な語句や抽象的な表現から意味を読み取らねばならないことが …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly