川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

お化けでもいいよ、逢いたいよ。

投稿日:

せめてお盆はお盆らしく休みたいと、全力疾走。

ここ数日は、軽いジョギングや自転車など、血行を良くして肩の凝りをほぐす運動も
意識して取り入れているせいか、睡眠の質はとても良い。

ただやっぱり、視力はぐっと落ちたようで、週末に新しい眼鏡を3本注文してきた。

標準のレンズだとかなり分厚くなってしまうと言われたのがショック。
裸眼、昔は2.0だったのに、今は0.01以下なんだとか。

あぁ、想定外の出費。 予定の3倍(1本だけにしておけば良かった)。

りんごの実、そこに見えている。

手を伸ばせば届く。
でも、伸ばせば、足元の台座が壊れてしまうかもしれない。

会社の、次のこと、を考えていて、躊躇すること、例えるとそんな表現。

その一歩を踏み出すのかどうか。
安定、だとか、成長、だとか、ありきたりのような言葉を真剣に考えるとき。

また、僕の黒い髪の何本かは、どうやら白く変わってしまうようで、嗚呼。

ある、川柳大会の主催者から通知が届いていた。

先日応募しておいた川柳が入賞したようで、表彰式に来ませんか? とのこと。
素直に、とても嬉しくて、きゃっきゃとはしゃいでしまう。

やっぱり有名な大会で選んで貰えるのは格別の気持ち。

余裕があれば行きたいけれど、どう、余裕がなくなるかわからない8月の後半。
有り難いという気持ち、向けて、活字になるのを待つことにしよう。

お寺さんの都合で、7日に父の初盆法要を済ませた。

相変わらず、父は夢には出てこない、出てきてくれない。
僕の作る川柳には、以来、父にたくさん登場してもらっているのに。

してくれたこと、与えてくれたもの。
見せてくれたもの、教えてくれたこと。

実際、どれだけの意味をもって、父がそうしたのかなんて、わからない。

でも、きっとこんな意味があったのだろうって、思い出す父の姿に意味を添えてやることが
自分なりの供養の方法で、はにかんだように父が笑っていてくれるような気もしている。

(頑張ってるなぁ)

夢でもいいから、父の声が聴きたい。

社会のせい、親のせい・・・、そんな悲しいことを言うナイフたちが多い今の世の中だけれど。

どれだけ頑張っても、いなくなっちゃ、もう、認めても貰えないんだ。
文句を言っている間に、そして、居てくれる間に走り出してみなよって、

無性に、そう言いたくなる。

「父が、夢には出てこないんだ」

そう、声に出して話してみて、すこし、また寂しさが募る。
4ヶ月以上、もう。

なのに、まだ、こんなに。

今なら、何て言ってくれるのかなぁ。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

自分のblogでさえ、まだ載せたことのない顔なのに。

朝から立て続けに3件、新規のお客様からお電話。 「神戸 印刷」と検索すると、うちの会社が上位で表示。それでお問い合わせの電話を下さるそうです、有り難い限り。 SEOといって、高いお金を払って「検索エン …

水槽前の午後はゆりかご。

今日も水槽をいじってみたり。 柔らかい水の音を聞きながら魚たちを眺めていると、夢まではあっという間。

no image

祈り方もわからなくなる、揺れる吊り橋のような。

電話が鳴るたび、緊張が身体を貫きます。 手の施しようがなく、最期を静かに見届けようという医者からの話。でも本人は、多少の息苦しさとしんどさはあるものの、意識はあって、ちゃんと呼びかけに反応しているので …

下手くそな分だけ、もっと鍵盤に向かえる ~ピアノは一番の理解者だった

10月26日の本番に向けて、新曲の練習開始。うまくいけば、同じ週の10月31日と11月1日も人前での演奏の機会をいただけるかもしれない。 音楽をすることも詩を書くことも、表現のひとつ。表現者で在り続け …

心に元気を足す時間。

好きな音楽たちの映像を眺めたり。お気に入りの詩集を思うまんまに開いてみたり。 一日に、必ず一度は意識して作る時間。 満たされて今度は、さらにいいものを創り出せますように。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly