川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】鮎跳ねる川  泣き虫はもういない   ばた

投稿日:

四万十川川柳全国大会で入賞。

今日、賞状を受けとることが出来ました。
賞の名前は四万十ロータリークラブ賞で、選者は番傘川柳本社の森中惠美子さん。

入選していた句は『鮎跳ねる川 泣き虫はもういない』でした。

===

行く川のながれは絶えずして。

残念ながら四万十川のような清流ではありませんが、青春時代はよく地元の明石川を
眺めながら、愚痴ったり、未来を語ったり、愛を囁いたり(?)したものでした。

のんびりと川辺で、なんてそんな時間、すっかり遠くなってしまいましたけど。

来年以降また。
この大会での入賞を目指して、今度はゆっくり最後の清流を訪れてみたいものです。

思い出に残る入賞。大会に参加する人への心配りの素晴らしかった幡多信用金庫さん。

どうも、ありがとうございました。


<記念にいただいた額>

Google

Google

-川柳

執筆者:

関連記事

no image

【川柳】君と来た場所で瞼を閉じている   ばた

あの日の風の匂いだとか。 あの時の空の色だとか。 指で弾いた程度の「しびれ」が残っている心の場所があります。 「点」であるはずの情景は、いつまでも輝きを失わず、温もりを失わず。 ずっとずっと、その場所 …

no image

【川柳】飛ぶ空も追う子も消えた赤とんぼ   ばた

一番星を競った顔は がりがりと 鉛筆 かちかちと 携帯 懐かしい風の吹く季節 深呼吸したって きっといいはずの 優しい季節 ===   【掲載】飛ぶ空も追う子も消えた赤とんぼ     ふあうすと200 …

no image

【川柳】「幸せか」 君は笑うね 「まあだだよ」   ばた

そして、僕は。 もう少し、高いところにハードルを意識して、なんだか無性に、頑張ってみようと思うのであった。 それがいつか、確信に変わるときまで。 ===   【掲載】「幸せか」 君は笑うね 「まあだだ …

no image

【川柳】乙女座の年男です だからこそ

 8月をつい、一年の折返しのように考えてしまうことがある。実際はもう、3分の2の時間が過ぎた。積み上げようと思っていたものは、さて、同じだけの比率の高さを見ているのかどうか▼9月生まれ、36才。年男の …

川柳マガジンで達成した、おめでとうな自分。

川柳マガジン8月号が届きました。 笑いのある川柳「聴診器から肝臓が逃げている」が特選二で入選。 新鋭柳壇「減速」というお題で「からっぽになろうか 大の字の空で」が特選。   特選っていうこと …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly