川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】鮎跳ねる川  泣き虫はもういない   ばた

投稿日:

四万十川川柳全国大会で入賞。

今日、賞状を受けとることが出来ました。
賞の名前は四万十ロータリークラブ賞で、選者は番傘川柳本社の森中惠美子さん。

入選していた句は『鮎跳ねる川 泣き虫はもういない』でした。

===

行く川のながれは絶えずして。

残念ながら四万十川のような清流ではありませんが、青春時代はよく地元の明石川を
眺めながら、愚痴ったり、未来を語ったり、愛を囁いたり(?)したものでした。

のんびりと川辺で、なんてそんな時間、すっかり遠くなってしまいましたけど。

来年以降また。
この大会での入賞を目指して、今度はゆっくり最後の清流を訪れてみたいものです。

思い出に残る入賞。大会に参加する人への心配りの素晴らしかった幡多信用金庫さん。

どうも、ありがとうございました。


<記念にいただいた額>

Google

Google

-川柳

執筆者:

関連記事

no image

【川柳】非通知を妄想してる秋の空   ばた

着信有り、非通知。 非通知の向こう側を想像して、非通知のこれから先のドラマを期待して。 秋はそう、物思いにさせる季節。 夏のような熱き日々があればこそ。あったからこそ。

no image

【川柳】アルバムの隙間に潜む秘密たち   ばた

笑顔、ピースサイン、おどけた表情、瞑ってしまった瞼。 写真の一枚一枚の瞬間。そして、その瞬間と瞬間の間にはどんな秘密があったのだろうかと想像力を働かせてしまう自分は、やらしい人間だろうか。 瞬間までの …

no image

【川柳】秋の海 名前を呼んでいるひとり   ばた

 (引用― 裏表紙に載せた、自分のことばから)  これを書いているちょうど今、年鑑の制作業務が完了。皆さんのお手元に届く瞬間をイメージしつつ、これから印刷と製本作業へ▼自分自身も川柳を趣味とするように …

no image

【川柳】川柳の文字の向こうに人がいる   ばた

今の会社に移ってから、川柳を書いてみるようになった。 ある月刊川柳誌の編集・印刷を請け負っていて、毎月、何百・何千という数の川柳を入力し、編集する。これはもう完全に肉体労働と言えるもので、指の筋を痛め …

no image

【川柳】平成の兵隊たちがするピアス   ばた

戦争は、過去の。 平和は、当たり前の。 兵隊たちは、飾りながら、過ごしていた。 そうなるだろうとは、知らず、生きていた。 昭和の、次の。 そんな時代の、お話だった。 ===   【掲載】平成の兵隊たち …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly