川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

サラリーマン川柳ならぬ、社長川柳とは。

投稿日:

同友会のSNSで、経営者の立場から【会社川柳】を書いてみることにした。
いろんな試みに、自分の「表現」という手段で挑戦してみるのも面白い、かも。

手始めに、こんな。

決算の近い社長の温度計

 数字を意識しはじめて、焦ったり、イライラしたり。
 怒鳴ったところで、社員は萎縮するばかり。

 決算の近い社長室は、少し、温度が上昇中。

おはようの顔 奥さんと揉めたのか

 社員には元気に出社してほしい。

 ところがどうした、元気のない朝の挨拶。
 どうやら、また、昨日もやらかしたらしい。

 家庭と会社の間の線を引くこと。

 でも、その線を越えてくるものがあるから、ひとって難しい。

核心へ近づくまでの生ビール

 社員の苦悩を語って欲しい。
 社員の夢を聞いてやりたい。

 気遣い無用、今夜は無礼講。

 そして社長はあれこれ、色々、気を遣いつつ。

 心開いた瞬間の、社員からのメッセージをしっかりと受けとめる。

 明日の朝、社員はどんな元気で「おはよう」と言ってくれるのだろう。

サラリーマン川柳があるのなら、社長川柳なんてものを文芸川柳の立場から
アプローチ。

さて、今度はどんな反響があるのかな。

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】北風の壁になれない微力たち

東北に吹く風の冷たさを想う、何も出来ない無力を憂う、何かしたがる心が集う、気持ちは温度になって現れるのだと願う。 出来ることを問われ続けた時間だった。出来ることを考え続けなければいけないこれからになっ …

no image

【川柳】もう君を楽にしたくて毒リンゴ   ばた

君の涙が切なくて、僕の胸が苦しくて。 そして、だから、毒リンゴ。君に食べさせるのでも、僕が食べるのでも。 それが、唯一の答えであるのならば ―。 ===   【佳作】もう君を楽にしたくて毒リンゴ    …

no image

【川柳】まだ寒い春です 土に遠すぎて

もう、一年が経とうとしている。まだ、故郷に遠い人たちがいる。 神戸の一年後を思い出しながら、東北の春を想ってる、念じてる ▼頑張っている人に頑張れと言うのではなく、声だけになりがちな僕たちは形を持たな …

no image

【川柳】コロッケの厚みで母は母である   ばた

見覚えのある形へと、変化していく様子。やがてこんがりときつね色。 その温もりは、きっと、どんな家にもあったに違いない。 母は、母で。当たり前の顔をして、白いご飯を僕に添えてくれた。 食卓にある、いつも …

no image

【川柳】ため息の薄くなるまで 高い空

 高校生のころ、京都の街を歩いた、空を見上げた。歴史上の人物も同じようにこの空を見上げたのかなと、想いを張り巡らせた。そして僕は京都の大学に通いたくなった▼どんな時代の、どんな場所にも、同じ色の空があ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly