川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

ノルマという言葉を使う人の背中に。

投稿日:

「社員と心を通い合わせたかったら、一緒に風呂でも入れ!」

心さらけ出す、対等な立場での付き合いを主張するNさん。

なるほど、もっともな意見だ。

社員の立場だった時に「されて」イヤだったことは、自分が社長になってからも
絶対「しない」ことにしている。同じような志を持つ人がそばにいると、自分の実践に
自信が持てて嬉しい。

「社員」という言葉も、響きが『遠くて』好きじゃないかな。

まだ32歳の僕には、彼らのことを【仲間】と呼ぶ方が、きっとふさわしい。
気取りたくはないな、そして、「勘違いしてる」と笑われるようなのも、イヤだ。

言いっぱなしで終わりたくない。
うちのメンバーの誰が対応しても、同じ心地良さと安心を、お客様に感じていただきたい。

だからこうして、【社内ことばの勉強会】を実践中。

たとえば、語尾だとか、たとえば、行間だとか。

自己満足でもいい。
利益よりも先に大切な、人間として一生通じる心を、今のうちに養っておこう。

ノルマだ、数字だ、マニュアルだ。

― いっしょに働くのが、ロボットなら、それも、・・・ね。

Google

Google

-業務日記

執筆者:


関連記事

no image

心はてんこ盛りにする。

「そういう書き方をすると、相手はどう思うだろう」 「ここですぐに電話をしなければ、相手は不安にならないか」 「まずはゴメンナサイって、謝るべきではないか」 私は、綺麗な言葉と心遣いを忘れずに、仕事をし …

no image

空っぽのまま、低いところで待つ。その先に見えてくる世界へは、一歩、また一歩

同一視されたくないという矜持なのかもしれないし、「そういう」肩書きを用いることで離れていく人がいることを体験的に理解しているからかもしれないし、とにかく、理由は不明確なまま、なんとなく表向きにはアピー …

no image

ビジネスの本流には「対価」、商売の根底には「恩義」が流れている ~時間という透明な椅子

最終的には利益のために仕事をするのだけれど、仕事の姿勢としては利益のためであってはならない。利益は尻尾についてくるというのがうちの会社の考え方で、役に立ちたいという橋を繋いでいけば共存共栄の関係になっ …

no image

神戸で一番お客様主義でありたい制作会社とは。

朝から名谷のMさん宅へ原稿を受け取りに行く。 会社に戻って入力開始。事実上の仕事始めなので、取引先の方が次々と挨拶にいらっしゃった。 どうぞ今年も宜しくお願いします・・・。 どなたがお越しになるのかわ …

経営センスを試す起業シミュレーションブック「模擬起業」という本が面白そう

模擬起業 あなたの経営センスを試す起業シミュレーションブックという本が面白そう。 主人公は、ある日、古い友人から起業の誘いを受ける。かねて自分の手でビジネスを始めたいと願っていた主人公は、友人とともに …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly