川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

ノルマという言葉を使う人の背中に。

投稿日:

「社員と心を通い合わせたかったら、一緒に風呂でも入れ!」

心さらけ出す、対等な立場での付き合いを主張するNさん。

なるほど、もっともな意見だ。

社員の立場だった時に「されて」イヤだったことは、自分が社長になってからも
絶対「しない」ことにしている。同じような志を持つ人がそばにいると、自分の実践に
自信が持てて嬉しい。

「社員」という言葉も、響きが『遠くて』好きじゃないかな。

まだ32歳の僕には、彼らのことを【仲間】と呼ぶ方が、きっとふさわしい。
気取りたくはないな、そして、「勘違いしてる」と笑われるようなのも、イヤだ。

言いっぱなしで終わりたくない。
うちのメンバーの誰が対応しても、同じ心地良さと安心を、お客様に感じていただきたい。

だからこうして、【社内ことばの勉強会】を実践中。

たとえば、語尾だとか、たとえば、行間だとか。

自己満足でもいい。
利益よりも先に大切な、人間として一生通じる心を、今のうちに養っておこう。

ノルマだ、数字だ、マニュアルだ。

― いっしょに働くのが、ロボットなら、それも、・・・ね。

Google

Google

-業務日記

執筆者:


関連記事

no image

今日も頭を下げて泣いた。いつか未来のための、貴重な体験のひとつになった

相談に来られる方は、販促という言葉の意味を狭義ではなく広義で考えていることがほとんどだ。だから僕はアイデアを出すし、アイデアを実践していくための資金の調達方法や社内での士気高揚の方法も一緒に考える。な …

no image

忙しくなるたびに、ありがたいなぁと、夏の、喜びの。

9月から正式入社のNくんが、神戸のあちこちの掲示板に、自作のチラシを貼りに行ってきました。 ご苦労様。 「Yes」でも「No」でもなくて。 自分が社員の立場だったとき、やりもしないで否定されることは嫌 …

no image

二つ折り名刺の功罪 ~名刺は穴埋め問題を作るように、渡す自分ではなく渡される相手のことを

対価を得ている以上はプロなのだから、表現するものに理由があるのは当たり前のこと。ただ、その理由や理屈を説明して納得させるのはいかにも机上の空論という感じがしてしまうので、相手の感性に訴えかける「たとえ …

no image

「客単価を上げる」と「客単価が上がる」の小さな違いにある、大きな違い

商売には「客単価」という言葉があって、お店や会社に使ってくれるお客さん一人当たりの金額が大きければ大きいほど有り難いのは言わずもがなだ。 ただ思う。「客単価を上げる」のと「客単価が上がる」では、全然意 …

西端、iPhoneアプリになりました。格好良いプロモーション動画も作ってもらいました。

見上げるカメラ、膝を曲げるカメラ。 生きている毎日に景色は溶けていて、ほとんどは空気になってしまうひとつひとつに、言葉を添えて作品にしてみる。そんな取り組みをずっと続けてきたものが、iPhoneのアプ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly