川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

ふれあいの祭典 ― 入選句。

投稿日:

ふれあいの祭典―「兵庫県川柳祭in明石」に出席。

大きな句会に参加したのは4月以来。
いつもとは違って、ジュニアの部の表彰もあったので、今日は会場の平均年齢も少しだけ
若くなっていたような気がする。

老若男女問わず、誰でも今すぐに始められる短詩文芸という趣味。
もっともっと仲間が増えてほしい。

自分の句について、5題10句提出のうち、2句を選んでいただいた。

– 入選句 –

・スピーチは続きますかとぼやく鯛 (鯛 / 黒嶋海童選)

・ふるさとにタイムマシンが待っている (時 / 矢沢和女選)

スピーチは~は佳作の4位、ふるさと~は入選。

「特選1句」「準特選2句」「佳作5句」「入選42句」の順に選ばれていたようなので、
佳作の4位は、惜しかったなぁ・・・ということ。

文芸というと難しそうでも、自分の句が呼ばれるまでのドキドキと、呼ばれた時の
達成感は、ハマるとなかなかに快感。

「伝える」ことの醍醐味は、きっとビジネスにも人生にも生きるはず。

興味のある方には、川柳誌「ふあうすと」を無料で贈呈しますので、お気軽にお申し付け
くださいませ。

その昔、『関西の家計簿マジシャン』と称され、マネー雑誌に連載記事を書いていた過去も。

今日夕方からのの買い物を経て、上手にポイントを積み上げ。
今交換すれば、7万円ほどの商品券が貰えることに。

こういうシミュレーションをするのが、大好きなのです。

買ってきた加湿器を稼働させて、変化していく湿度を眺めてぼーっと過ごす。

それだけで楽しい。
とてもとても、地味な時間であることは自覚しつつ。

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】川柳の文字の向こうに人がいる   ばた

今の会社に移ってから、川柳を書いてみるようになった。 ある月刊川柳誌の編集・印刷を請け負っていて、毎月、何百・何千という数の川柳を入力し、編集する。これはもう完全に肉体労働と言えるもので、指の筋を痛め …

no image

【川柳】真実を写さぬように選る角度   ばた

化粧も何もない、あるがままの貴方と。 分かり合えたような、時間でした。夢見がちな、未来のことでした。 なのに、残そうとするものはいつも、形ばかりが先行して。 どうして選んでばかりだったのでしょうか。そ …

no image

【川柳】ただ生きて食べて笑ってくれたなら   ばた

約束したね、あなたは僕の。 それでいい、そのままがいい。何もいらない、何も変わらない。 ずっとただ。 約束のままの未来を、僕に、見せていてほしい。 ===   【入選】ただ生きて食べて笑ってくれたなら …

no image

【川柳】思惑があって大人のする正座   ばた

打算的? 魂胆?? 目的のためなら、ときに、手段を選ばず。頭を下げて成し遂げられるものがあるならば、安いものです。 そして、そうして、少し大人になった自分を感じてみたりも。 ===   【佳作】思惑が …

no image

【川柳】にんげんを急ぎはしないカタツムリ   ばた

ふあうすと2007年6月号、裏表紙広告。 ===  一年を折り返す6月。この時期、納品の多い印刷屋泣かせの雨が続きますが、束の間の「太陽」を見付けては、お客様のところへと急ぎます。梅雨、明ければ、猛暑 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly