川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

ふれあいの祭典 ― 入選句。

投稿日:

ふれあいの祭典―「兵庫県川柳祭in明石」に出席。

大きな句会に参加したのは4月以来。
いつもとは違って、ジュニアの部の表彰もあったので、今日は会場の平均年齢も少しだけ
若くなっていたような気がする。

老若男女問わず、誰でも今すぐに始められる短詩文芸という趣味。
もっともっと仲間が増えてほしい。

自分の句について、5題10句提出のうち、2句を選んでいただいた。

– 入選句 –

・スピーチは続きますかとぼやく鯛 (鯛 / 黒嶋海童選)

・ふるさとにタイムマシンが待っている (時 / 矢沢和女選)

スピーチは~は佳作の4位、ふるさと~は入選。

「特選1句」「準特選2句」「佳作5句」「入選42句」の順に選ばれていたようなので、
佳作の4位は、惜しかったなぁ・・・ということ。

文芸というと難しそうでも、自分の句が呼ばれるまでのドキドキと、呼ばれた時の
達成感は、ハマるとなかなかに快感。

「伝える」ことの醍醐味は、きっとビジネスにも人生にも生きるはず。

興味のある方には、川柳誌「ふあうすと」を無料で贈呈しますので、お気軽にお申し付け
くださいませ。

その昔、『関西の家計簿マジシャン』と称され、マネー雑誌に連載記事を書いていた過去も。

今日夕方からのの買い物を経て、上手にポイントを積み上げ。
今交換すれば、7万円ほどの商品券が貰えることに。

こういうシミュレーションをするのが、大好きなのです。

買ってきた加湿器を稼働させて、変化していく湿度を眺めてぼーっと過ごす。

それだけで楽しい。
とてもとても、地味な時間であることは自覚しつつ。

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】別離から三日 玉子を割っている   ばた

ふっきれたのか。涙を流すための、「生」をいただいているのか。 肩を落とす淋しさも、生きているからこそで。 ===   【佳作】別離から三日 玉子を割っている     月刊川柳マガジン2007年11月号 …

no image

選び方も個性。僕には僕の心の色がある ~ふあうすと川柳句会の選者

人前に立つことは好き。 1をnの人に伝えられて効率がいいし、相手の顔色に意識を向ける必要もない。緊張して当然という環境なので、ある程度の失敗は許容されるという空気もある。前で話をするだけで一定の評価を …

no image

【川柳】ぐうと鳴く虫よ昭和を知ってるか   ばた

白黒の時代を知らない僕らには。 想像することさえ難しくて。今日も、呑気に、おかわりをしてる。 だけど、父さんの、母さんの、父さんや、母さん。 未来なんて言葉を軽々しく口にすることが憚られた頃の。ほんの …

no image

【川柳】LLであれば色など形など   ばた

見てくれやないです、男は中身です。はい、はい、何とでもどうぞ。 えぇ、慣れてますから。 もういいですか? ご苦労様でしたー。   あ、おかーちゃん、おかわりお願いね。 ===   【佳作】LLであれば …

全国川柳作家年鑑(ふあうすと)。

うちの会社で制作した全国川柳作家年鑑(ふあうすと)。 自分自身も出句しておいたので、自宅に送られてきました。制作して、印刷して、納品したものが、再び自宅に送られてくるのも妙な感じ。 「明石にこの人あり …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly