川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

ひたすらまっすぐだった頃の場所  にて。

投稿日:

15日締切分の川柳、書き上げたー。

川柳やってる人って、皆、締切間近になると「苦しい」って言うんですよね。
なのに何故続けるのか。

それは句会に来た人だけが分かる喜び。 あなたも是非。

今でも高校時代は昨日のあたり。

なのにもう10年以上も時が経っていて、同じメンバーがそこにいない。
複雑。

大人の顔をして、校長やPTAの方々にご挨拶をする。

赤点取って大騒ぎしたのも、楽器に夢中になったのも。
瞬きの時間で、すぐに戻れるところにあるのに。

寂しいねぇ。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

海の町明石から、雪の町神戸市北区へ。

うちの会社の林さん宅に、中尾くん、Oさんと共に訪問。 広々としていて、静かな環境。時折そばを通る神戸電鉄の列車が、鉄道好きな自分にはいい感じ。 大好きなマカロニグラタンを作って用意してくれていた林さん …

風に舞う、その怖さを刻む。

波に洗われて石は丸くなるのに、人波に揉まれた心はどうしてこんなに刺々しくなるのか。 見返りを求めるからしんどくなってしまう。今年はそうならないよう、自分の時間や心は、預けたい方向にだけ向けるようにして …

no image

繁華街のど真ん中でお好み焼き。

どっちかって言うと、もんじゃ焼きかな。涙目で、僕を置いてけぼりにする友人たちの背中を見送ったよ。 繁華街のど真ん中で、吐いたゲロの思い出。

神戸の前川企画印刷。

 

この帽子をかぶって。

寒空に2時間ご案内係。今日は冷えすぎる川柳の予感です。 ふれあいの祭典@明石市民会館

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly