川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

ひたすらまっすぐだった頃の場所  にて。

投稿日:

15日締切分の川柳、書き上げたー。

川柳やってる人って、皆、締切間近になると「苦しい」って言うんですよね。
なのに何故続けるのか。

それは句会に来た人だけが分かる喜び。 あなたも是非。

今でも高校時代は昨日のあたり。

なのにもう10年以上も時が経っていて、同じメンバーがそこにいない。
複雑。

大人の顔をして、校長やPTAの方々にご挨拶をする。

赤点取って大騒ぎしたのも、楽器に夢中になったのも。
瞬きの時間で、すぐに戻れるところにあるのに。

寂しいねぇ。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

端っこ、端正、極端、端ちゃん、端雅、端厳、端号、端子

「端っこ」という言葉を聞くたびに複雑な気持ちになる理由は僕の名前である西端に「端」という字が含まれているからで、「端正」という言葉を聞くと妙に誇らしい気持ちにもなる。日本で最も西端にある与那国島には親 …

no image

髪は抜けて無いのに髪型と言われても…。

病院の売店に雑誌クロワッサンが売られていた。 雑誌の売られているすぐ奥は、床屋(美容院)。どうしても抗がん剤や放射線治療の影響で髪が抜けてしまうために、ここで髪を刈ってしまう人も多いんだそうだ。 とこ …

no image

「僕はどうせ」と地に触れた冷たさを知る人は、同じ温度を知る人の気持ちになることができる

ペーパーテストが大の苦手だった。 高校入試の社会科の試験では「核家族」しか解答がわからなかったし、高校時代の通知簿は10段階評価で2をもらったこともある。これくらいの酷い成績になると数字も赤で印字され …

no image

横を走り抜けて行く 青く丸っこいその姿に。

通勤の朝。駅を降りてからしばらくは、JRの線路沿いを歩くことになる。 曲がり角に差し掛かる頃いつも 九州からの旅をまもなく終えようとするブルートレインが少しくたびれた顔をして横を通り抜けていく。    …

深夜、帰宅、振り返る一日、笑える時間。

某所にて、ステーキを食べながら仕事の話。 5,000円…のコースの割には、こんなもんなのかな?という感じ。目の前の鉄板で、“ぼわっ”と火を起こすとき、わざわざ照明を暗くするのがかえっていやらしかったな …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly