川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】鬼はもう笑わぬ 春の一歩二歩   ばた

投稿日:

 おかしなことだらけだった「変」な年はもう背中、今年は希望に満ちた「変」化の一年で
あることを祈りたい▼アメリカの新リーダーの力強い言葉に、たくさんの人々が魅了された。
言葉に震え、言葉の先の未来に夢を抱く。川柳という短詩文芸もまた、そんな可能性をもった
表現手段の一つであると確信している。人間の奥底にある想いを伝える17文字。この活字の
一つ一つが映しだす世界を、しっかりと噛みしめて仕事に取り組んでいく▼粉雪の舞う中を、
蕾は確実に。有り難く、尊い時間に生きていることを思い知らされた。その足音に耳を澄ま
すことの自分でありたい。

(ふあうすと2009年2月号、裏表紙に掲載した文章より)

===

  【掲載】鬼はもう笑わぬ 春の一歩二歩

    ふあうすと2009年2月号
    裏表紙

Google

Google

-川柳

執筆者:

関連記事

no image

【川柳】もう一度風に吹かれてみる四月   ばた

四月の風に、淋しいけど手を振る。 My dear。 でもきっと未来に。握手のような、確かなものを求めて。 ここからスタート、暖かな、長い道のりの。 ===   【掲載】もう一度風に吹かれてみる四月   …

no image

【川柳】頑張れと言わず自らやる姿勢   ばた

小さい会社なので、上も下も、右も左も、何もない。 ただ、それぞれが「頑張れ」と口にするよりも先に行動を起こすこと。その行動に触発されて、次の誰かの、手が、足が、頭がすっと動き出すような。 そんな好循環 …

no image

【川柳】傷のあるこんな僕でもいいですか    ばた

許されたくて、一生懸命でした。受け入れられたくて、真っ白でした。永続させたくて、全部吐き出しました。 そうやって、また。 星の歴史のような、長い伝説になっていきませんか。 ===   【佳作】傷のある …

no image

【川柳】向日葵が背中を曲げて茜雲   ばた

もたれかかるような、くたびれたような。 そんな表情を見せるこの時期の向日葵の向こう側に、赤が広がる。 包み来るようなその優しさに、もうすぐ一年の3分の2が終わろうとしていることに気付かされる。 小さな …

no image

明石海苔の鍵庄さんで今年も川柳コンテストの審査員をやらせていただくので、みんな応募しちゃってください

意外に知られていないのが海苔の養殖量、兵庫県は佐賀県に次いで2位であるという事実。全国のおよそ2割程度が兵庫県で養殖されたものだ(農林水産省の漁業養殖量統計調査より)。 明石の海苔はうまい。そして明石 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly