川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】鬼はもう笑わぬ 春の一歩二歩   ばた

投稿日:

 おかしなことだらけだった「変」な年はもう背中、今年は希望に満ちた「変」化の一年で
あることを祈りたい▼アメリカの新リーダーの力強い言葉に、たくさんの人々が魅了された。
言葉に震え、言葉の先の未来に夢を抱く。川柳という短詩文芸もまた、そんな可能性をもった
表現手段の一つであると確信している。人間の奥底にある想いを伝える17文字。この活字の
一つ一つが映しだす世界を、しっかりと噛みしめて仕事に取り組んでいく▼粉雪の舞う中を、
蕾は確実に。有り難く、尊い時間に生きていることを思い知らされた。その足音に耳を澄ま
すことの自分でありたい。

(ふあうすと2009年2月号、裏表紙に掲載した文章より)

===

  【掲載】鬼はもう笑わぬ 春の一歩二歩

    ふあうすと2009年2月号
    裏表紙

Google

Google

-川柳

執筆者:

関連記事

no image

【川柳】靴下がくたびれているワンコイン   ばた

確か、この川柳を書いたころも疲れを覚えている時期でした。入選の報を聞いた今もまた、同じような疲れを覚えていたり…。 足元の哀愁と、手のひらの希望。 見飽きるほどの景色のはずなのに、心はまだ対処方法を覚 …

no image

【川柳】お化けだといえば信じて子の寝息   ばた

子:(夜更かしをしたいとぐずっている) 母:「悪い子は、お化けがさらっていっちゃうぞ」 子:「お化けなんて来ないもん!」 母:(ドアをノックしてみせて)  「ほーら、来たよ、来たよ」 子:(子供、震え …

no image

【川柳】まだ海に日の丸を見る父の父   ばた

ほんの思い出話。 海で思い出すこと、海に語りかけること。洋上に咲いた、散った桜に。 どうしてそんな、淋しそうな顔をして。 ===   【掲載】まだ海に日の丸を見る父の父     ふあうすと2007年0 …

no image

【川柳】リヤカーを引いているのは母 つまり   ばた

導かれて、今日。 さて、何をしてあげようか。はて、何ができるのだろうか。 これまでの、僕らと。 これからも、僕らの。 道は、母が、踏み固めてくれていた。 ===   【掲載】リヤカーを引いているのは母 …

no image

【川柳】走り出す君を包める風になる   ばた

Youth どんな顔も土にまみれて 拳強く宙を突き刺すシャツの袖は肩に捲り上げて いつか聞いた愛の言葉も 進む道の地図に刻んで走り出した君を風が包んでいる So fly to there 海よりも広い …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly