川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】鮎跳ねる川  泣き虫はもういない   ばた

投稿日:

四万十川川柳全国大会で入賞。

今日、賞状を受けとることが出来ました。
賞の名前は四万十ロータリークラブ賞で、選者は番傘川柳本社の森中惠美子さん。

入選していた句は『鮎跳ねる川 泣き虫はもういない』でした。

===

行く川のながれは絶えずして。

残念ながら四万十川のような清流ではありませんが、青春時代はよく地元の明石川を
眺めながら、愚痴ったり、未来を語ったり、愛を囁いたり(?)したものでした。

のんびりと川辺で、なんてそんな時間、すっかり遠くなってしまいましたけど。

来年以降また。
この大会での入賞を目指して、今度はゆっくり最後の清流を訪れてみたいものです。

思い出に残る入賞。大会に参加する人への心配りの素晴らしかった幡多信用金庫さん。

どうも、ありがとうございました。


<記念にいただいた額>

Google

Google

-川柳

執筆者:

関連記事

no image

【川柳】気まぐれを許してしまうのは男   ばた

それを気まぐれだということにしてあげる、男。 許すのか、許さないのか、という前提に、君でいいのか、君でなければいけないのか、として、描く未来。 結果、 許してしまう、受け入れてしまう、男。苦悩は永遠、 …

no image

【川柳】封書待つ蕾を愛でる顔をして   ばた

合格の嬉しい便りは封筒で届く。 この春、新しい道を歩みだす、輝かしい人たちへ。 どうか、素晴らしい人生を。そして、その封書を、優しい顔をして、辛抱強く待ち続けた人のために。 一生懸命、応え続けてあげて …

no image

【川柳】コスモスもウロコも母のふところも

 秋桜の揺れる海、鱗雲の泳ぐ空。年末という慌ただしさを迎える前の、ほんのひととき、心を休ませてくれる情景。誰が近づいても、誰が見上げても平等に、もう、季節がここまで進んだことを優しく教えてくれる▼拙ブ …

no image

【川柳】まだ海に日の丸を見る父の父   ばた

ほんの思い出話。 海で思い出すこと、海に語りかけること。洋上に咲いた、散った桜に。 どうしてそんな、淋しそうな顔をして。 ===   【掲載】まだ海に日の丸を見る父の父     ふあうすと2007年0 …

no image

【川柳】リヤカーを引いているのは母 つまり   ばた

導かれて、今日。 さて、何をしてあげようか。はて、何ができるのだろうか。 これまでの、僕らと。 これからも、僕らの。 道は、母が、踏み固めてくれていた。 ===   【掲載】リヤカーを引いているのは母 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)