川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】神棚に三億円が置いてある  ばた

投稿日:

川柳マガジンで1番上の特選に選んでいただきました。

【特選1】神棚に三億円が置いてある

 月刊川柳マガジン2009年2月号
 笑いのある川柳(門脇かずお選)

大きい活字になると、とっても嬉しい。

こうして自分の句が活字になるたび、「あぁ、活字になるって幸せだなぁ」と思うのです。
自分たちの担っている制作・印刷という仕事は、まさにこの活字の感動をお届けする役割。

何年先にも色褪せることのない感動を、一文字一文字にしっかり封印していきたいもの。

いろんな方から、寝なさすぎをよく指摘されますので、ここ数日は、3時くらいには
寝るようにしています。 お化粧のノリ、いかがですか?(えー)

確かに、4時半に寝て7時に起きるパターンは、最近ちょっときつくなってきました。

だんだん無理が効かなくなってくるなぁ・・・。

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】春物が隙を伺う冬の背な   ばた

もうすぐ出番。予感ある躍動、さあ、さあ。 風は頬に触れて。 すっかり温度を帯びた街は、何の演出もいらないような光を放ち、 おいでおいでの手招きを始めていた。 ===   【掲載】春物が隙を伺う冬の背な …

no image

【川柳】封書待つ蕾を愛でる顔をして   ばた

合格の嬉しい便りは封筒で届く。 この春、新しい道を歩みだす、輝かしい人たちへ。 どうか、素晴らしい人生を。そして、その封書を、優しい顔をして、辛抱強く待ち続けた人のために。 一生懸命、応え続けてあげて …

no image

【川柳】別離から三日 玉子を割っている   ばた

ふっきれたのか。涙を流すための、「生」をいただいているのか。 肩を落とす淋しさも、生きているからこそで。 ===   【佳作】別離から三日 玉子を割っている     月刊川柳マガジン2007年11月号 …

no image

【川柳】平成の兵隊たちがするピアス   ばた

戦争は、過去の。 平和は、当たり前の。 兵隊たちは、飾りながら、過ごしていた。 そうなるだろうとは、知らず、生きていた。 昭和の、次の。 そんな時代の、お話だった。 ===   【掲載】平成の兵隊たち …

no image

【川柳】言葉などなくて 二人は今もまだ   ばた

いつもblog上でコメントをいただく小僧さんのメッセージに、不肖ながら、思うままに綴ってみたいと思います。 どうぞ御笑覧くださいませ。 ===  墓に来てろうそく二本平行に   小僧 今も変わらない距 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly