川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

信州そば。

投稿日:


食わねば、きしめんの分までー。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

父の日という言葉の、遠くなっていくこと。

桂歌丸さんと行くウォーキング。 頭で情景を思い浮かべながら歩くことは、きっと脳にいいトレーニング。歩くことと落語はナイスな組み合わせだなぁと思った。 あいにくぽっどきゃすてぃんぐ落語が有償化されてしま …

あの日の葬の列も、桜のトンネルを潜っていったんだ。

土曜日、日曜日と夕日ヶ浦温泉海花亭へ。 カニをいただきながら、温泉で疲れを癒す。周辺に有名な観光スポットがないことで、あれもこれもと欲張ることなく、かえってのんびりとした時間を過ごすことが出来た。 こ …

no image

加藤鰹さん追悼川柳句会の結果発表、特選に選んでいただきました

加藤鰹さん追悼川柳句会の結果発表。 印象吟、高瀬霜石さんの選で自句を特選で抜いていただいた。これから先、鰹さんの名前がどこかで思い出され、誰かが検索する。都度、この追悼句会のページが検索の上位に表示さ …

川柳・句入り焼酎。

「年金の夢を見ている青畳」 焼酎瓶に自分の川柳を入れて焼いていただきました。プレゼントしてくださったNさんに感謝。 これは一生ものの宝物ですね。 ちなみに、背面には「ばた」と名前も入れてもらいました( …

奈良に来たけど。

趣味の世界、トレインカフェ。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly