川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

親戚が部屋に集まっての。

投稿日:


大騒ぎな宴会も終了。
いつまでもここは、心の故郷に直通する居場所ですね。

さて、部屋に戻って、余韻に浸って。

少しだけ、本を読んでから、ゆっくり休みたいと思います。

明日は松本城を見学してきます。
おやすみなさい。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

保健所で見た、犬の最後の表情に。

母校(高校)訪問、会議、校長先生からの丁寧語。 あの頃の気持ちに戻れる場所で、自分を大人として見られることには違和感を覚える。まだそうではないという主張、そうでなければならないという理性との狭間。 校 …

読書の秋と珈琲と。

@出口のない海(横山秀夫著)とキリン挽きたて微糖コーヒー。 青春の哀しみと命の重み。 『回天』に搭乗を決意した若者の決意の理由。じっくり読み込んでみたいと思います。

no image

上京の夢をあきらめた、チキンジョージで手渡したデモテープのあれからと今と

耳が満たされ、感じるものがあって、調べてみると、死を予感して作った最後の楽曲だということが分かった。思念は残って、超えて、伝わっていく。表現の形や手法は様々でも、自分もそんなモノを形成して、「いつか」 …

新大阪駅で出会ったゆるキャラと江坂の聖地と

新大阪駅で降りると和歌山のゆるキャラたちが出迎えてくれた。四月の陽気だという今日の気温に着ぐるみはやっぱりもう辛いんだろうか。 江坂ではやっぱり鉄道模型ファンの聖地を訪れてしまう。 普段車で移動するこ …

no image

「僕はどうせ」と地に触れた冷たさを知る人は、同じ温度を知る人の気持ちになることができる

ペーパーテストが大の苦手だった。 高校入試の社会科の試験では「核家族」しか解答がわからなかったし、高校時代の通知簿は10段階評価で2をもらったこともある。これくらいの酷い成績になると数字も赤で印字され …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly