川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】二日目のカレーも負ける春である   ばた

投稿日:

 動機にもなる、口実にもなる穏やかな季節。メイドインジャパンであることが誇らしく
なる時期でもあるが、政局の混乱はどんな風に桜を揺らすのだろう▼毎月のふあうすと誌、
毎年の年鑑、そして今年は80周年記念同人句集。積み重ねの中にいて、歴史の一点を担う
ことは私たちにとって何よりも誇らしいこと。刷り上がる活字に触れ、この点を線にして
いく未来を想うばかり▼政局のための政治ではなく、仕事のための活字でもない。誇りとは
何か。春、リスタートの季節にいま、しっかりと問いかけてみたい。

(ふあうすと2009年3月号、裏表紙に掲載した文章より)

===

  【掲載】二日目のカレーも負ける春である

    ふあうすと2009年2月号
    裏表紙

Google

Google

-川柳

執筆者:

関連記事

no image

【川柳】思惑があって大人のする正座   ばた

打算的? 魂胆?? 目的のためなら、ときに、手段を選ばず。頭を下げて成し遂げられるものがあるならば、安いものです。 そして、そうして、少し大人になった自分を感じてみたりも。 ===   【佳作】思惑が …

【川柳】神棚に三億円が置いてある  ばた

川柳マガジンで1番上の特選に選んでいただきました。 【特選1】神棚に三億円が置いてある  月刊川柳マガジン2009年2月号  笑いのある川柳(門脇かずお選) 大きい活字になると、とっても嬉しい。 こう …

no image

【川柳】コロッケの厚みで母は母である   ばた

見覚えのある形へと、変化していく様子。やがてこんがりときつね色。 その温もりは、きっと、どんな家にもあったに違いない。 母は、母で。当たり前の顔をして、白いご飯を僕に添えてくれた。 食卓にある、いつも …

no image

【川柳】秋の海 名前を呼んでいるひとり   ばた

 (引用― 裏表紙に載せた、自分のことばから)  これを書いているちょうど今、年鑑の制作業務が完了。皆さんのお手元に届く瞬間をイメージしつつ、これから印刷と製本作業へ▼自分自身も川柳を趣味とするように …

no image

川柳界の僕の兄貴分である加藤鰹さんが亡くなった。

川柳界の僕の兄貴分である加藤鰹さんが亡くなった。 12月にお会いしたときは、癌が全身に転移しているとは思えないくらいの食欲と笑顔で、僕たちを和ませてくれたのに、年が明けてから病状は一転。「今度は飲みに …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly