川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

渋滞30キロを抜けて。

投稿日:


ただいま、電波の来ない土山SA。

近江茶飲まねば。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

僕の始まりは父の買ってくれたピアノだった。

チャー絆という若いバンドのメンバーに出会った。 アコースティックギターとキーボードの男女2人組。ピュアなサウンドの上に、忌野清志郎のような雰囲気のボーカルが乗る。 洗練されている必要はない。 自分たち …

no image

雰囲気をもて、説得力のある背中を磨け。

すこし、嫌われるくらいで丁度いいのかな、と思った。立ち回り方が難しい。 にんげんって、わかりやすさに答えがあるようでいて、ちがう。 やっぱり、背中を見られているのだ。背中にこそ、答えがあるのだ。 そこ …

no image

やりたいことを見つけて、ここから走る時間のことを。

クリスマスのイルミネーションを走り抜ける半袖のポニョ。 今日は暖かくて、十分な汗をかくことができた。寒さに震えながら走るよりは、多少、しんどい環境の中で自分を追い込んで走る方が、頑張ってる感があって好 …

【嬉】川柳から短歌への挑戦、尼崎市文芸祭短歌部門入賞!

応募していた尼崎の文芸祭、短歌部門の佳作入賞通知が届く。 「川柳家」を自称していてそっちがダメだったのは複雑な気分だけれど、はじめて応募した短歌で結果が出せたのは嬉しい。川柳よりは字数が多い分だけ、つ …

no image

今こっているのは、こらないアイテム。

前回の記事につき、コメント・メールを頂いた皆々様。誠に有難うございました。 寝たきりだった祖母を失ったこと。高校生のとき付き合っていた彼女に失恋したこと。父親に買って貰った釣竿を、小さい子に堀に投げ捨 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly