川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

尼御前SAにて。

投稿日:


目的地直前。

何か食わねば。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

カエルやセミに連れられて、僕は宇宙へ行ったことがあるらしい

今夜はまた耳鳴りが激しい。 田植えを終えた頃の田んぼ。あの頃のカエルたちが大合唱してる。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2016, 2月 23 昔はストレスが胃に来ていた …

昔、働いていたあたり。

@三宮・東遊園地。 もうセミがやかましく鳴いています。当時はこの公園でよく弁当を食べたものです。 「商店街の奴はアホ」 社長のその発言が許せず辞めたのはこの会社です(苦笑)。 自分たちはお客さんを尊重 …

no image

ケータイの留守電機能を使えないように手続きをしてきた

周囲に合わせた時間(昼間)と集中力の増す時間帯(夜中)があって、この静寂の中にある感覚を捨てたくないのだとすれば、「夜は眠らなければならない」という思い込みを改めるべきなのかも。朝はお客さんからの電話 …

no image

見抜かれて、浮かばなくて。

会社まで、陣中見舞いに駆け付けて下さったOさんとMさん。和ませていただき、差し入れまでいただき、ありがとうございました。 折角だから、面白トークをと、一生懸命テンションあげて…。 あぁ、でも、さすがは …

価値を決めるモノサシは、どこのだれにも心の真ん中に。

フォト川柳。 背伸びをしたくなるような仕事終わりの夕暮れ。詩に表現するとどんな風になるのだろうと詠んでたもの。 twitterに掲載したところ、やたらと反応が良かったのが嬉しかったな。 同友会の設立4 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly