川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

愛犬への祈りと、明示する僕らの次の行動指針へ。

投稿日:

愛犬じゅにあの具合がおかしいと実家からのcall。

慌てて、新神戸からのトンネルを抜けて明石へ戻る。
その足で、夜間救急動物病院へ。

命にどうこうという症状ではなく、どうやら、また目を痛めてしまったらしい。

その痛みのせいで、食欲もなくなっているのだろう、ということ。

いつも元気なじゅにあが見せる、大人しい姿。
やっぱり寂しくなってしまう。

どうか、早く、元通り元気になってくれますように。

もう一週間が終わってしまった。

社長になって5期目のスタートダッシュ、7月。
この追い風のまま、もっともっと加速をしていかなければ。

社内でも、マインドマップの共有を開始。

それぞれの思考と、今後、会社の取り組むべき課題を論理的に明示して、
次の指針に繋げていこうと思う。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

悪質の反対は良質である、それは、滝の茶屋の男が示してくれた。

昭和の生き続ける場所、ボヘミ。 今日はここの、バターライスをいただきました。柔らかく、香ばしく、優しく、温かく。 なのに、450円という驚きのプライス。 お店はもう驚くほどくたびれまくっていますが、言 …

no image

涙をこぼせる仕事にしたいなぁ。

句集作りのご相談。 お客様は勿論、自分が、残すことの出来るもののお手伝いができたんだーって、感動できるような、心を真ん中に据えた仕事にしていきたい。 新しい出逢い、続々。 そして、6月末の決算へ、一年 …

病み上がりにしてはいけないこと。

床で朝まで寝ちゃうこと。 よーつーけーほー。

明石の昼下がり。

熱。

no image

傷の痛みも忘れるほどに、心癒される存在。

滑って転んで、手のひらを痛打。 皮がめくれて、血がどくどくと溢れ出しました。すごく痛かった…。 そして、その流れ出る血を見ては、すーっと意識が遠のいていく、アカンタレな奴です。 男だろうが、大人だろう …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly