川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

愛犬への祈りと、明示する僕らの次の行動指針へ。

投稿日:

愛犬じゅにあの具合がおかしいと実家からのcall。

慌てて、新神戸からのトンネルを抜けて明石へ戻る。
その足で、夜間救急動物病院へ。

命にどうこうという症状ではなく、どうやら、また目を痛めてしまったらしい。

その痛みのせいで、食欲もなくなっているのだろう、ということ。

いつも元気なじゅにあが見せる、大人しい姿。
やっぱり寂しくなってしまう。

どうか、早く、元通り元気になってくれますように。

もう一週間が終わってしまった。

社長になって5期目のスタートダッシュ、7月。
この追い風のまま、もっともっと加速をしていかなければ。

社内でも、マインドマップの共有を開始。

それぞれの思考と、今後、会社の取り組むべき課題を論理的に明示して、
次の指針に繋げていこうと思う。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

バイクを追う鳩。

ううむ。

no image

浄土真宗の場合に使ってはいけない「ご冥福をお祈りします」というフレーズ

「ご冥福をお祈りします」という言葉は安易に使ってはいけないということを思い出しながら通夜式に臨む。 10秒で分かるご冥福を祈ってはいけない理由 ~御霊前と御仏前のその違い | コトバノ つまり、ここに …

プラネタリウム。

学生の頃、受験勉強はいつもこの天文科学館の学習室でやっていました。疲れたら、星を眺めながら昼寝。 最後まで起きていた記憶はありません(自信満々)。

no image

病気はそう、昨日と今日が分断される瞬間だ

お見舞い。病、とて、春はもうすぐ。 pic.twitter.com/j2lOIR1Vtk — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年3月29日 昨日と同じくらいの今日がやっ …

no image

地震のおかげで、あんたに逢えたんやなぁ – 神戸らしく、大人らしく。

阪神淡路大震災の時、僕は大学受験生だった。瓦礫の街、受験地に向かうため代替バスを待つ僕を、周囲の人は風邪を引いてはいけないからと、声をかけあって先に乗せてくれた。京都の宿舎に着くと、ホテルの人がパンを …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly