川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

川柳を選ぶ立場になりました。

投稿日:

いつも送っていただく、川柳文学コロキュウム誌。

女流作家、赤松ますみさんが主宰される大阪の川柳グループ。
詩性に優れた、心に触れるような川柳が多いのが特長。

新しく川柳を始められる方にオススメかもしれません。

我が川柳ふあうすと同様、どうぞ興味がありましたらホームページまで。

さて、実は、ふあうすとさんで「選者」をさせていただくことになりました。

誌上の1ページほどのコーナーですが、たくさんの句と対峙して、その中から
自分の感性に合った句を選び出さなければなりません。責任重大。

一度やってみたいと前から思っていたので、これをいい学びの機会だととらえ、
じっくり鑑賞させていただこうと思います。

週末、仕事で入力しなければならない川柳の山(ハガキ)を持ち帰りました。

まだ、のんびりは出来ず。
でも、色々な方が活字を待ってくれています。

郵便受けの待ち遠しい仕事、引き続き、がんばります。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

追い風になる経営仲間づくりを。

今夜は運営委員会でした。 はじめての会場、舞子ビラ。家の近所です。1Fのバイキングで食べ過ぎてトイレで戻したのは、そう遠くはない記憶。 このホテル、ロビーに“うぇぇぇぇぇ・・・”の声、よーく響くんです …

最後には二択になる、最初から二択である。

「しない後悔よりも、する後悔」という基準をしっかり定めておく。 すると、迷わない。すると、まず動く。すると、(良くも悪くも)結果が出る。 だから、次の手を打つことが出来る。 悩んで誰かに相談するという …

no image

今年最後のライブと、追いかけてくる年末と

何百人という方の前でライブをして興奮したかと思えば、近年稀に見るくらいのショックな出来事があったり、車を発注して納車が待ち遠しいかと思えば、月末で慌ただしかったりした。プラスとマイナスはとんとん、万事 …

no image

当たり前に過ぎていく景色と時間を浪費することのないよう、想いの温度を抱くことを大切にしていきます

39歳になりました。 これまでを感謝して、これからを想像する節目の一日。自分のために時間を割き、自分のために祝福をしてくださったすべての方に感謝します。年齢を重ねるということは、謙虚であるべきことの意 …

no image

ウニのパスタが美味しすぎて全米が泣いた。

8月に入ってから、メンバーはほとんど眠っていません。 徹夜の連続でしたが、大きな仕事、細かな対応の求められる仕事を、誠実に丁寧に取り組んでくれました。お客さまの役に立ちたいという言葉が、もはや口癖のよ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly