川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

クチコミの起こる仕掛けを、ひとつ、ふたつ、末永く。

投稿日:

金曜日、大阪。
人通りの少ない場所での、新たなチャレンジについてのご相談。

いつものように「クチコミ」の起こる心理的な背景や、技術的な要素についてご説明
させていただいたところ、とても気に入っていただけたようで、話がトントン拍子で
まとまりました。

広告、広報という「表現」に強い自分たちでありたい。

看板は印刷屋ですが、印刷屋だからこそ「地域性を考えたら、紙のチラシなんて、必要
ないかもしれませんよ」とも言えるのです。

色々な戦略をご提案していきたいところ。

末永いお付き合いが出来ますように。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

良く言えば、それは信念。悪く言えば、それは頑固。

「直接的ではなくても、行間に悪口や蔑む言葉を使っては同じだよ」と伝えようと思うこの言葉だって、論にして書いてしまえば「お前が何を偉そうに」ということになる。だから結局「人それぞれ」といつものお題目でそ …

四丁目。

ブラックオリーブ。

店員さんと仲良くなって、サービスで出して貰ったブラックオリーブ。 たくさん出してもらいましたが、口に合わなくて苦慮しております。 愛想振り撒くのは、ほどほどに。

no image

「おはようございます。今日も素敵な一日をお過ごしください」に思うこと

「梅の花が咲いていました」に「和みますね」「春ですね」という会話が成立していると、見ているこちらもホッとする。「おはようございます。今日も素敵な一日をお過ごしください」といった類の、誰のどんな内容にも …

いの町紙の博物館。

仕事に関係するお勉強。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly