川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

anyな表現はダメでも、anyな自分たちではいたい。

投稿日:

Bブロック会。

昨日も、同じ「書く」立場の人のセミナーがあったという話を聞いていたので、
それを意識しなかったといえば嘘になる。両日とも参加された方からは、
比較して、良かったこと・勉強になったことなどを教えていただいた。

ノウハウというほど絶対的なものではないのかもしれないけれど、自分の
広告作りや広報戦略にはシナリオがある。

それを、自己満足に語るだけではなく、参加者それぞれの実践に直結するように
落とし込んでいこうと、事例を中心に話すことが出来たのは良かったと思う。

信頼関係も強くすることが出来、そして、自分自身の自信にもつながった。

何よりも、若輩者の話に、耳を傾けていただく方々に心から感謝。
やっぱり自分は、人前で話すのが好きな人間だと痛感。

「自分」に対する「自分たち」の問題。

これはやっぱり切実で、「自分」のカラーが強くなると、複数とのギャップが
大きくなりすぎてしまう。

自分のコピーなんて、存在するわけもない。

でも、お客様は、自分や、自分のコピーを求めている。

作り上げていきたい組織力とは、遠いところにいすぎて、苦悩の日々。
自分の力が、足らなすぎる。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

CDという形に残るもの、出会いという心に響くもの。

blogのサイドバーで、Twitterの発言内容を表示するようにしてみました。→ @bataで遊んでいます。是非、ゆるりと繋がっていただきたく、フォローなどいただければ。 ばた on Twitter …

no image

「1000いいね」「一日に5記事」「フォロワーを500人」をやりなさい協会

「サラリーマン時代にこんな実績を出した、経験をした」といっても、それは会社の看板があってのこと。その「過去」を振りかざして「アドバイスします」「コンサルティングします」と言ったところで、説得力には欠け …

no image

経営指針の立体化。

「経営指針の立体化をしよう」 姫路の定時総会でのバズで、そんなことを言ってみました。 成文化っていうのは有意義な作業だけれど、本当に価値があるのは、それを浸透させることが出来てから。 うちの会社では、 …

朝から愛想を振りまいて。

愛犬じゅにあ@実家前。 近所の人にご挨拶しまくってます。かわいいなぁ。

やどやどー。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly