川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

真夜中に揺れた電話、病状の悪化。

投稿日:

叔父は叔父という響きよりももっとそばにある、「兄」という存在。
静岡という土地にいても、家族という温度の距離にいます。

自分の人生のすべてを、両親への看病と介護にあて、ようやく解放された頃に
今度は、自分自身の病気が判明してしまったのでした。

土曜日、真夜中の電話。

それは、兄の病状悪化を伝えるものでした。

悪性リンパ腫は血液のガン。
ずっと頑張ってきてくれましたが、この一週間が山であると土曜夜、お医者さんに
告げられました。

持ち直して欲しいけれど、でも。

少しばたばたするかもしれません。

こんな状況であることを示唆しておいた方が、これから先起こり得る変化にも
対応しやすくなるのだろうと思っています。

自分の立場、プロとしての意識、責任。

それらを十分自覚した上で、出来るだけご迷惑をおかけすることのないよう、
そして、自分自身が悔いることのないような行動を選択していきたいと思います。

努めて、冷静に。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

懐かしい景色。

@神戸ワイン城 先週に引き続き今日も先代のM社長にお会いしました。のんびりと、心を休めています。

no image

全国川柳作家年鑑に名前を載せてもらうことに。

全国川柳作家年鑑に名前を載せてもらうことになりました。 …と、言っても、希望すれば誰でも掲載して貰えるんですけど。 五七五という短い言葉のなかに、いろんな景色、人柄、感情、ドラマ。 仕事で関わり始めた …

no image

加藤鰹さん、コメントに感謝。

コメントやトラックバックを頂けるのって、幸せなことです。星の数ほどあるblogの中で、縁あって、この文章に辿り着いて頂いた方々へ。 ただただ、感謝するばかりです。ありがとうございます。 >加藤 鰹さん …

川柳に向かう姿勢、感謝の余韻

父が亡くなったとき、自分でも納得のいく句をたくさん書くことができた。以来、句作に納得がいかなかったのは、それだけ心に触れることが少なかったということなのかもしれない。 生き方。会いたい人に会って、その …

no image

同じ複数形で、限りない未来を。

明石公園の眩しい光の中にいて。去年の今頃に亡くした、愛犬のことを思い出しました。 空の青さは、大きく開いた窓のようで。 見上げると、そこから顔を覗かせてくれているんじゃないかと、そんな優しさに包まれま …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly