川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

真夜中に揺れた電話、病状の悪化。

投稿日:

叔父は叔父という響きよりももっとそばにある、「兄」という存在。
静岡という土地にいても、家族という温度の距離にいます。

自分の人生のすべてを、両親への看病と介護にあて、ようやく解放された頃に
今度は、自分自身の病気が判明してしまったのでした。

土曜日、真夜中の電話。

それは、兄の病状悪化を伝えるものでした。

悪性リンパ腫は血液のガン。
ずっと頑張ってきてくれましたが、この一週間が山であると土曜夜、お医者さんに
告げられました。

持ち直して欲しいけれど、でも。

少しばたばたするかもしれません。

こんな状況であることを示唆しておいた方が、これから先起こり得る変化にも
対応しやすくなるのだろうと思っています。

自分の立場、プロとしての意識、責任。

それらを十分自覚した上で、出来るだけご迷惑をおかけすることのないよう、
そして、自分自身が悔いることのないような行動を選択していきたいと思います。

努めて、冷静に。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

大蔵海岸で男同士が触りあい

明石の大蔵海岸。 悲惨な事件の起こった場所、として有名なところであるが、ここにはいわゆる「スーパー銭湯」があり、一週間の疲れを癒すべく、週末に訪れてみたのであった。 うむ、ライトアップされた明石海峡大 …

明石海峡大橋。

ちょっくら徳島まで。

no image

パンナコッタとマカロニと、とっても苦手な真面目な会議と

月末締切の原稿書けたー! 今日は夕方、晩と会議が二連発。睡眠不足を解消できそうです(にっこり) — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年1月30日 そろそろ、親しい人たち …

舞子の海を眺め中。

ポニョー、今日は東へ。 川柳の締切は15日なんだ。走りながら考えても、焼肉屋さんの匂いに支配されてしまう僕の脳みそさ。 カルビー。

no image

つまり、ボクの、持ちネタのような。

とうきょうとっきょきょかきょきょ。 となりのきゃくはよくかきくうきゃきゃきゃ。 …疲れてるせいだね。  

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly