川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

身体は動いていても前には進まない、それが足踏みなのだから。

投稿日:

女性経営者の方お二人のお話を、それぞれ伺う機会をいただいた。

   仕組みを作ったり、

        縁を繋いだり、

  既成概念という常識にとらわれなかったり、

           走りながら考えていたり。

つまり、僕は普段、「女性である」という理由だけで、ある固定的なイメージを
抱き過ぎていることを痛感させられたという次第。

柔軟というか、しなやかというか。

鋭い感性に、身震いするほどの感動を覚えた。
同時に、焦りも覚えた。

こぼすのではなく「伝え」なくては。

誰の心も打たない。

今日の感動を、エネルギーにする。 決めた。


サラリーマン時代はこのすぐ近くで働いていました、神戸市役所です。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

規定量以上の正露丸を飲んでみよう。

金曜の午後から風邪。熱。 おまけに腹まで下しちまった。もしかして、オイラ今から出産するんじゃねぇか? ってくらいそれほど痛かったので、正露丸を、規定量以上飲んでみた。 そしたらあーた。 なんだかお腹の …

no image

事務所の移転を伝えるとき、変化を決めるとき。

幼かった二人のお子さんのダンスがどんどん上達していくのを、僕たちは毎年その発表会に足を運んで確かめた。つまり、いまの事務所の大家さん家族とは色々なお付き合いがあったわけで、移転することを正式に伝えるの …

no image

バカだと言われるようなことも、貫けば個性になる

勝って誰かを負かそうなんて思わない。 でも、生きていくためには守るためにはこれなんだって思ってる。僕は僕なりの。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2016, 1月 …

no image

犬たちの存在が僕の温度になっている ~好きを伝える、生かされているということ

言葉は便利だ。 「優柔不断」というネガティブな言葉は「慎重」というポジティブな表現に置き換えることができるし、「曖昧」という言葉は「臨機応変」という言葉に言い換えることができる。表現力は表裏一体。理論 …

天気のいい日。

亀たちも首を伸ばして日なたぼっこ。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly