川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

永遠の0(ゼロ) / 百田尚樹著、読了。

投稿日:

ワールドカップで、日本という国が一つになった時だから。
暑い夏を迎える、いま、この時だから。

たくさんの火とに読んで欲しい本だと思った、涙をこぼしながら。

海に散った、サムライたちの物語。

海から帰った、サムライたちの命。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

神戸元町通商店街に生息する、商売に熱い親子とは。

元町通商店街5丁目にCHILDREN WILLというお店があります。 このお店は、実は、自分の弟が経営をしています。そして、この弟の経営を手伝ってくれているmamiちゃん(→blog)は、11/19が …

川柳技法入門(田口麦彦著)

ここいらで基本の勉強など。

チョコ来たる。

わざわざ家まで持ってきてくれました。とっても美味しそう。 手作りを、ほんとにどうも、ありがとう。 ちいさくて、やさしい、お姫様へ。

耳の調子と俳句甲子園にかける若者たちのマンガと

耳の調子がずっと悪くて、最近はもう、この低空飛行に身体が慣れてきてしまった。それでも、突然やってくる痛みや遠くの音が間近に聞こえる不快感は本当に辛い。高校生たちが遠くでシャカシャカポテトを振っているの …

no image

まっ赤な牛肉、あは、あは、あは、あは。

弟と弟の彼女(婚約者)、母親を自宅に呼んですき焼きの集い。 急きょすることになったので、慌てて家の掃除をしていたら、埃で鼻がぐずぐずし始めた。ぐずぐずにイライラして、食事中に何度も鼻をいじってたら、鼻 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly