川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

永遠の0(ゼロ) / 百田尚樹著、読了。

投稿日:

ワールドカップで、日本という国が一つになった時だから。
暑い夏を迎える、いま、この時だから。

たくさんの火とに読んで欲しい本だと思った、涙をこぼしながら。

海に散った、サムライたちの物語。

海から帰った、サムライたちの命。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

クーラー全開。

神戸はもう、夏の空で僕を焦がしています。

月と明石海峡大橋と。

●○●-食べよ。

no image

ボロボロになったパンツをはいて、僕たちは冒険を忘れていく

誕生日、41歳になった、とうとうこの人と同じ年齢である。これでいいんだろうか、これでいいのだ。 子どもの頃に想像した40歳は、もっと大人で、自分のことを「僕」と呼ぶような僕からはとっくに卒業しているも …

no image

喪主の前髪が大変なことになっています。

先日注文しておいた実家の表札を受け取りにホームセンター。ついでに、スイカの苗も購入。 クリーニング屋に立ち寄って、実家。 早速表札をつけて、犬と遊んで、花を眺めて。 父と話をして、それから、また、明石 …

no image

ご飯をたくさん食べられるその体力を信じて。

転移。 体力を考えて、何もしないのも一つの選択肢だ。でも、僕らは手術に賭けてみることにした。 これからも、一緒に過ごせる希望を、信じてみることにした。 来週、手術、予定。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly