川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

この人の下で働きたいと思う、そんな社長はほんとに少なくて。

投稿日:

言いっぱなしの上司って嫌いだったから、自分が何かを指導するときは、必ずそれを控えて、
自分はちゃんと出来ているのか自問自答する。人を育てるなんて簡単に言う社長が多いけれど、
自分の背中は、自分が思うほど大きなものじゃないんだよね。
http://twitter.com/bata/

自分が子どもだった頃、学校の先生や会社の社長さんっていうのは、もっと絶対的な存在だと
考えていた。

自分がサラリーマンだったら、いま、この人の下で働きたいだろうか。
自分はこんな社長さんのようになってしまっているのではないだろうか。
自分のことを守る場所を、棚の上に作ってしまっているのではないだろうか。

言うことだけは立派で、背中には何の空気感もない、そんなリーダーでありたいとは思わないし、
それは年齢に関係なく、資質の問題であるのだと覚悟を決めていたい。

人材教育。

聞くたび、安っぽい言葉だなって。
人を育てるなんて言葉、人に育てられているという意識をいつまでも持ち続けられる人だけが
口に出来る言葉なんじゃないかなって。

リーダーとしての自信。
リーダーゆえの謙虚さ。

あればこそ。

何年社長をやっていても、器じゃない人も多いし、
開業して間もなくても、この人と仕事をしてみたいと思うオーラのある人もいる。

相手に向けて放った言葉は、自分にも向けて。
言動と行動の一致する自分を意識していこうと思う7月、新しい期のスタート。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

つまり、ボクの、持ちネタのような。

とうきょうとっきょきょかきょきょ。 となりのきゃくはよくかきくうきゃきゃきゃ。 …疲れてるせいだね。  

no image

メダルの色にこだわらない、そんな向上心ならば。

家庭教師をしていた学生時代。 引き受けた以上は、合格を約束する。学校の先生の話は、今日からもう、聞く必要がないことを伝える。 ― 昨日までの自分に縛られる必要はない。今日から得る知識だけで必ず合格出来 …

今日は例会。

勉強会です。集中して勉強します。

no image

いつもどおり、当たり前の。

あーちゃんは落ち着いていて、いつもと同じような過ごし方。 もう、歩けないのかな、というほど弱っていた足腰も、今はすっかり快復したようでちょこちょこと、歩き回っている。 ご飯もたくさんたべて、水もたくさ …

芦屋バーガーを。

食べにきました。メガ迫力。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly