川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

空と海を分ける線のように。

投稿日:


加古川に来ています。

レガッタたちの汗と水しぶき。
去りゆく夏、けれど、太陽は負けじと。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

繁華街のど真ん中でお好み焼き。

どっちかって言うと、もんじゃ焼きかな。涙目で、僕を置いてけぼりにする友人たちの背中を見送ったよ。 繁華街のど真ん中で、吐いたゲロの思い出。

no image

金沢の駐車場で、ちょっと嫌なこと。街で、すごく良かったこと。

1時過ぎ、無事帰宅。 激しい雷雨で、途中、水たまりで車が空を飛びました。心臓バクバク。 金沢、すごく良かったです。 思っていたより都会だったのは意外でしたが、人はみな、控え目で優しい。ホテルの人たちも …

神戸の青い空。

足元から焦げる真夏の温度。

no image

35才になったらやろうと決めていた、次なる事業です - コトバの必要な場面で。

新しく、ブログを立ち上げました。 コトバノ 表現力・質問力を高めることで、「会話の生まれる」人間性を磨くお手伝いをさせていただこう。 そして、より豊かな人と人との繋がりを実現していただきたい! こんな …

no image

誰かの心に留まるということは、価値になるということ ~フカをキョンする、ゼロをイチにする発想

「フカをキョンしたい」というフレーズを知った、セミたちの合唱の空で。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2016年7月26日 「フカをキョンしたい」という言葉をネット上で見つ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly