川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

空と海を分ける線のように。

投稿日:


加古川に来ています。

レガッタたちの汗と水しぶき。
去りゆく夏、けれど、太陽は負けじと。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

植えた種、咲く花、動詞に日付、夢と現実の違い

ひとりで見る夢は夢でしかない。しかし、誰かと見る夢は現実だ。 引用元:【男女問わず心に響く!】世界で活躍する女性の名言・格言30選 | ビューティーカレッジ 「頑張る」っていう言葉が好きじゃない。美し …

no image

裁くのは法、償うのは本人、許すのは周囲、許してほしいのは僕たち

「また呼ばれるでしょうね、そのうちね」との有野の発言に加藤は、「ヤツが帰ってきたら、呼ばれるのかな」と相方・山本圭一を思わせる発言をした。 引用元:加藤浩次「アッコにおまかせ!」を降板した理由を聞かれ …

坂本龍馬記念館。

ここでは何を食べましょう?

17歳のご長寿あーちゃん。

でも、こんなに若々しい。

no image

今じゃすっかりおじさんの、明石の新成人代表。

二十歳の頃、明石市の新成人代表に選ばれてスピーチをすることになった。 どうせするなら、と、神戸のFMラジオ局に生中継をお願いして、汚い声を公共の電波に乗せてもらうことにした。 昔からそう、人前で何かを …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly