川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

仕事が遅くてごめんなさい。

投稿日:

「早々に冬休みでいいねぇ。うちはギリギリまで仕事なのに」

この一言を吐いちゃう人って、損してるなぁと思う。
業務形態によって、労働時間や休日なんてそれぞれだろうに。

そんな一言にイラッとして、イヤミで返信しちゃう自分も青いんだろなぁ。

― そちらが毎晩飲み歩いてはる間も、僕はトロトロと仕事してますからねぇ。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

【川柳】乳房は揺れる赤紙の気配して   ばた

子には母がいて、子は自らの意思で戦争を決め、また、自らの意思に左右されないで戦地へと赴く。母はこんなはずではなかった、こんなことなら生むのではなかったと胸を痛めるが、母の手を離れた子供はその温度を忘れ …

神戸の夜景。

ハーバーハイウェイ。

no image

7月危機がやってきた、ピンチはチャンスの裏返し

経営者になって10年目のスタート、7月。毎年大きなトラブルは7月に起こっているような気がする。今年はどうだろうと思っていたら、やっぱり今年もずどーーーんと来た。重たい。 [短歌]あなたなら大丈夫って言 …

no image

もっと上、あ、そこそこ  ― 痒い所に手を伸ばせ。

― 今までの当たり前は、今日からの当たり前とは限らない そういうもんだし、そういうことも有り得る。にんげんは、心変わりする生き物だ。 とか、なんとか。 具体的にはつまり、守備範囲の広い仕事の進め方を目 …

宵のうち、ピアニスト。

感性の、どこか、刺激されたか。 今日はピアニストの顔で。 指の居場所を求めて楽器屋さん。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly