川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

経験談を語る年上は、価値を下げることが多いから。

投稿日:

経験談は、上手に語らないと相手を戸惑わせるだけだ。

「教えてあげたい」という年上の気持ちは理解できる。
ただ、苦労話や成功体験などは、相手が挫折しているときにヒントを与える意味でのみ
するべきで、その空気も読めずに語り始めると、結果、「しんどい年上」として価値を
下げることになってしまう。そんな人をたくさん見てきたし、今もたくさんいる。

そうやって価値を下げている人のことを、反面教師としたい。

成長させる、という言葉も、なんだか烏滸がましく。

「教える」のではなく、「気付かせる、悟らせる」言葉の選び方をして、自主性に
委ねたい。人は元来、自分で伸びていくように出来ている。

・コストとは「お金」「時間」「場所」である
・会話の中に「相手の名前」を入れて話すと、親近感、安心感を与える効果がある
・アンゾフの成長マトリックスについて、事業の多角化とは
・値下げ交渉があったときの対応について→線になるお付き合いの仕方
・相手から質問をしてもらえるトークの構築

そんな話の二日目。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

梅雨の合間の北条鉄道  ― 疲れたら、背伸びと深呼吸の場所。

長(おさ)駅。 北条鉄道沿線は、絵になる景色がたくさん。 一両編成の、こんな可愛い気動車がやってきました。   青いユニフォームを追いかけてみたり、鉄と緑の萌える場所で歴史を感じてみたり。 …

no image

お客さんに渡すよりも、おとんとおかんに渡す会社案内を ― 聞いていたい声に。

仕事を通じて人に必要とされたり、自己実現の叶っていくプロセスがとても好き。だから、時間の切り売りのような気持ちで仕事に向かう人の感覚は自分には合わない、どうしても。 かといって、お金儲けがしたいわけじ …

no image

おにぎり3つで断念。

ファミマのおねーさんに貰ったおにぎり4つ。 晩飯代が浮いたわいと、一生懸命食べたものの3つで満腹。同じ味ばかりでなければ、もっといけたかもしれんが。 ぎぶみー あなざーわん。

ぺぺの命日。

お墓参り、会いに行ってきます。 じゅにあ、お父さんまでもうすぐ。

愛犬に見つかった悪性リンパ腫。

母からの電話、踏み込むアクセル。節々が腫れた愛犬ジュニア。夜中でも診察していただける先生のところに急ぐ。 一目で悪性リンパ腫の疑いを指摘される。詳細は病理検査にて確定。細菌性の病気の可能性もまだ排除出 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly