川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

経験談を語る年上は、価値を下げることが多いから。

投稿日:

経験談は、上手に語らないと相手を戸惑わせるだけだ。

「教えてあげたい」という年上の気持ちは理解できる。
ただ、苦労話や成功体験などは、相手が挫折しているときにヒントを与える意味でのみ
するべきで、その空気も読めずに語り始めると、結果、「しんどい年上」として価値を
下げることになってしまう。そんな人をたくさん見てきたし、今もたくさんいる。

そうやって価値を下げている人のことを、反面教師としたい。

成長させる、という言葉も、なんだか烏滸がましく。

「教える」のではなく、「気付かせる、悟らせる」言葉の選び方をして、自主性に
委ねたい。人は元来、自分で伸びていくように出来ている。

・コストとは「お金」「時間」「場所」である
・会話の中に「相手の名前」を入れて話すと、親近感、安心感を与える効果がある
・アンゾフの成長マトリックスについて、事業の多角化とは
・値下げ交渉があったときの対応について→線になるお付き合いの仕方
・相手から質問をしてもらえるトークの構築

そんな話の二日目。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

溢れ出す、ほんの少しのそれを、すこしずつ。

心から、祈っています。 メールに添えたら、「神社仏閣巡りが趣味じゃなかった!?」 んじゃー、これこれ、これでどう? 「なんかねぇ、素材っぽくて、面白くない」 祈るのも、一苦労(笑) 祈り方も、想い方も …

気分爽快の群泳。

水換直後。

今日の村上給食。

今日も謎な揚げ物が…

滋賀のお客様からいただいたお土産と、自分という人間に時間を割いていただける感謝と

滋賀からのお客様をお迎えしての会食。「滋賀」からのお客様のお土産。「滋賀」からの…。 今回は神戸、次回は滋賀と、お互いのホームグラウンドで交互に会食をするようになって久しい。食事に誘っていただけるのは …

no image

制約の中の自由を生きているのが

表現の自由が一人の人権を侵害して社会から抹殺していくことを目撃した。権利は、公共の福祉や他者の人権との兼ね合いで制約を受けることだってある。譲り合いで構成される世界を願って、自分もまた権利をナイフにし …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly