川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

経験談を語る年上は、価値を下げることが多いから。

投稿日:

経験談は、上手に語らないと相手を戸惑わせるだけだ。

「教えてあげたい」という年上の気持ちは理解できる。
ただ、苦労話や成功体験などは、相手が挫折しているときにヒントを与える意味でのみ
するべきで、その空気も読めずに語り始めると、結果、「しんどい年上」として価値を
下げることになってしまう。そんな人をたくさん見てきたし、今もたくさんいる。

そうやって価値を下げている人のことを、反面教師としたい。

成長させる、という言葉も、なんだか烏滸がましく。

「教える」のではなく、「気付かせる、悟らせる」言葉の選び方をして、自主性に
委ねたい。人は元来、自分で伸びていくように出来ている。

・コストとは「お金」「時間」「場所」である
・会話の中に「相手の名前」を入れて話すと、親近感、安心感を与える効果がある
・アンゾフの成長マトリックスについて、事業の多角化とは
・値下げ交渉があったときの対応について→線になるお付き合いの仕方
・相手から質問をしてもらえるトークの構築

そんな話の二日目。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

吉野川SA美濃田の湯。

四国の旅、吉野川SAはオススメ。 遊覧船に乗ったり温泉に浸かれたり…今回、遊覧船は乗りませんでしたが、温泉で疲れを癒しました。 ビジネスホテルの宿泊で風呂にゆっくり入れなかったし、今日は天守閣や 鍾乳 …

no image

自分たちのいる線のあたりに。

選られた言葉、行間の気遣いに触れて、まだまだを知る。期待値が高まると仕事をいただきやすくなるのかもしれない、けれど、期待以上を返すことはだんだん難しくなる。外交と内政のバランス。 翼はあるのに、足首を …

no image

もっと選ばれるために、もっと断ることを。

テレビ局番組の構成作家としての仕事が、5月から増えることになった。2週間に1回の締切でも、ギリギリだった。それが、毎週締切に追われていくことになる。また、戦略に関する相談の業務も、5月以降、新しく任せ …

no image

電気が足り過ぎて停電してしまう可能性があるという不思議 ~無知ゆえに新鮮な毎日

生きているということは知らないことを発見することで、無知であればあるほど、毎日が新鮮に満ちてくる。 九州電力は7日、鹿児島県の種子島で太陽光による発電量が大きくなりすぎて停電する恐れが生じたため、再生 …

鳥に誘われる金曜日。

ご馳走様でした。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly