川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】震災の夜 神様のような湯気   ばた

投稿日:

一瞬が全てを裂いた。

冷たい朝だったことを覚えている。
雪は、廃墟に立ちつくすひとたちを刺しながら舞った。

訪れてくれた友たちと、温度を求めて街を彷徨った。

元町にある父と母の店は、燃えているのだろうと思った。
もう、大学受験も諦めようと思った。

水、光、温度。
いつもの当たり前が、いつかの記憶になった。

一瞬が全てを裂いた。
ゼロにしようと、それは、とてもとても、強い力で、長い始まりだった。

IMG_3195

あの日を境に、止まってしまったものもある。
あの日を境に、変わってしまったものもある。

そして、僕は生きている。

以来、僕の、温度という言葉を好んで使うようになった理由。

語るには、過ごしただけの時間を必要とするらしく、
行間に織り込んだ気持ちで、この日のこの時間を迎えることになる。

【川柳】震災の夜 神様のような湯気
ふあうすと2009年3月号
明境府に掲載

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】子の憂い聞いてやるのも聞かぬのも   ばた

何も聞かずにそっとしていてくれた。 夜明けまで、ずっと聞いていてくれた。 一生懸命だった、想いの数々を。いつも、包んでいてくれましたね。 ありがとう、絶妙なまでの、温もりと、その。 ===   【掲載 …

no image

【川柳】アルバムの隙間に潜む秘密たち   ばた

笑顔、ピースサイン、おどけた表情、瞑ってしまった瞼。 写真の一枚一枚の瞬間。そして、その瞬間と瞬間の間にはどんな秘密があったのだろうかと想像力を働かせてしまう自分は、やらしい人間だろうか。 瞬間までの …

no image

【川柳】それぞれの秘密を消していく火葬   ばた

それを罪悪と呼ぶ人もありましょうが。 それを守り通せたことに、少しばかり敬意を表して。良かったね、だとか、今度こそはね、だとか。 悪戯な想い。 僕は、知っていて、そっと、煙突の空を見上げているのです。 …

【川柳返歌】貴方の水で花になる花になる   ばた

一日中寝てましたが、熱は変わらず。 上がったり下がったりが続くと、さすがに疲れます。今日は外に出なかったので、花粉症もマシでしたけど。 観葉植物をプレゼントしていただきました、青年の木。ありがとうござ …

no image

【川柳】向日葵が背中を曲げて茜雲   ばた

もたれかかるような、くたびれたような。 そんな表情を見せるこの時期の向日葵の向こう側に、赤が広がる。 包み来るようなその優しさに、もうすぐ一年の3分の2が終わろうとしていることに気付かされる。 小さな …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly