川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】震災の夜 神様のような湯気   ばた

投稿日:

一瞬が全てを裂いた。

冷たい朝だったことを覚えている。
雪は、廃墟に立ちつくすひとたちを刺しながら舞った。

訪れてくれた友たちと、温度を求めて街を彷徨った。

元町にある父と母の店は、燃えているのだろうと思った。
もう、大学受験も諦めようと思った。

水、光、温度。
いつもの当たり前が、いつかの記憶になった。

一瞬が全てを裂いた。
ゼロにしようと、それは、とてもとても、強い力で、長い始まりだった。

IMG_3195

あの日を境に、止まってしまったものもある。
あの日を境に、変わってしまったものもある。

そして、僕は生きている。

以来、僕の、温度という言葉を好んで使うようになった理由。

語るには、過ごしただけの時間を必要とするらしく、
行間に織り込んだ気持ちで、この日のこの時間を迎えることになる。

【川柳】震災の夜 神様のような湯気
ふあうすと2009年3月号
明境府に掲載

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】君と見た景色の中を生きている   ばた

小僧さん、いつもコメントありがとうございます。 昼から出かけないといけないので、余裕のない鑑賞になってしまいましたが、何かの参考になれば。 若輩者、初心者の身でありながら、偉そうに申し訳ありません。 …

no image

【川柳】明け方の涙を抱いて渦の中   ばた

罪の意識、涙。 終わらない嵐の中で、いつかまた、太陽の下で笑っていられる自分がいるのだろうか。 そんな気持ちに沈み込んでしまって、浮き上がってこられない時もあるものです。 ===   【佳作】明け方の …

no image

【川柳】梅薫るから 言い訳の出来ぬ羽根

 3月には「そろそろ」という言葉が似合うような気がする。新年の誓いから遠くなりつつあっても、今ならまだ間に合うのではないか。何が出来ていなくて、どう、走り出すか。そんなことを考え直してみたり▼制服の採 …

no image

【川柳】秋の海 名前を呼んでいるひとり   ばた

 (引用― 裏表紙に載せた、自分のことばから)  これを書いているちょうど今、年鑑の制作業務が完了。皆さんのお手元に届く瞬間をイメージしつつ、これから印刷と製本作業へ▼自分自身も川柳を趣味とするように …

イメージ吟、見事大賞に選ばれて。

この写真を見て、どんなことを想像しますかー。想うままを、川柳で表現してみてください。 これが「イメージ吟(印象吟)」と呼ばれるものです。 木馬館のオンライン句会。 11月の句会に誘っていただき、投句し …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly