川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】震災の夜 神様のような湯気   ばた

投稿日:

一瞬が全てを裂いた。

冷たい朝だったことを覚えている。
雪は、廃墟に立ちつくすひとたちを刺しながら舞った。

訪れてくれた友たちと、温度を求めて街を彷徨った。

元町にある父と母の店は、燃えているのだろうと思った。
もう、大学受験も諦めようと思った。

水、光、温度。
いつもの当たり前が、いつかの記憶になった。

一瞬が全てを裂いた。
ゼロにしようと、それは、とてもとても、強い力で、長い始まりだった。

IMG_3195

あの日を境に、止まってしまったものもある。
あの日を境に、変わってしまったものもある。

そして、僕は生きている。

以来、僕の、温度という言葉を好んで使うようになった理由。

語るには、過ごしただけの時間を必要とするらしく、
行間に織り込んだ気持ちで、この日のこの時間を迎えることになる。

【川柳】震災の夜 神様のような湯気
ふあうすと2009年3月号
明境府に掲載

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】エラ呼吸してます噂消えるまで   ばた

ほんの75日、嵐の過ぎるまで。 目立たぬように、身を屈めて。気付かれぬように、息を潜めて。 やがて、そっと、僕は解き放たれる。 ===   【佳作】エラ呼吸してます噂消えるまで     月刊川柳マガジ …

no image

【川柳】抜かれても口笛を吹く僕の道  ばた

急ぐ長い針へと、辿り歩く短かな針。約束の場所は動くことなく、その場所で、声は重なる。 ゆっくりも、あくせくも、辿り着いたら同じ景色。 奴の背中は見送って。得意の口笛、風に聞かせて。 行こう、見よう、焦 …

no image

【川柳】夕立にもたれて過去の色になる

焦げたアスファルトが濡れていき、ネクタイたちは束の間の雨宿り。やれやれと安堵の顔で、空を見上げてはまた、積み残したいくつかにラストスパート。夏の終わりの繰り返されるこの景色に、どこか懐かしさを覚えて優 …

no image

【川柳】真実を写さぬように選る角度   ばた

化粧も何もない、あるがままの貴方と。 分かり合えたような、時間でした。夢見がちな、未来のことでした。 なのに、残そうとするものはいつも、形ばかりが先行して。 どうして選んでばかりだったのでしょうか。そ …

【川柳】マフラーの長さのようなありがとう  ばた

人は温度、人はありがとう。 ビー玉を集めた一生懸命で、今日も明日も、ボクもアタシも。そして、やがて。 笑い皺、笑い声、君に、あなたに。 当たり前を、道の真ん中において。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly