川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

心のボール  ― 空高く。

投稿日:

誰かの憂いに 祈ることしか出来ない 無力も

いつもほら 人はほら
未来に生きてる

今日を越える あしたは

すべてが杞憂だったと 笑う
そんな時間でありますように

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

一応

らしい写真も。

自分のための、次の階段を探すための。

やるだけのことはやってみようと思うし、 楽しくなければ続かないと思うし。 やらなかったくせに後から文句を言う人に、 「ドアは開いてましたよ」 そう言えるようでもありたいと思うのは、自己防衛のためでもあ …

no image

必要なバカとして役割を担う

同友会の納涼会で、去年と同じ、赤穂のくいどうらくさんへ。 次の世代の人たちにこの役割も譲っていくべきだなぁと考えながら、往復のバスでは司会を務める。盛り上げ役とか怒られ役は、集団のなかに必ず必要な役割 …

33歳ガン漂流(奥山貴宏)。

夢中で読んでいます。 ページをめくるたび、日付がすすむたび、砂時計のカウントダウンの切なさに襲われます。

藍住町歴史館、藍の館。

藍染体験中。 なかなかの出来栄え。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly