川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

同友会

同友会の仲間を増やす西端と知花の旅「株式会社大伸さん編」。

投稿日:

兵庫駅近くの株式会社大伸さんにお邪魔してきました。

IMG_4063

印刷や包装事業などに取り組んでおられますが、
うちの会社とは比べものにならないくらい、大きな会社さんでした。

三代目の石坪さんは、去年の春に社長に就任。
借り物の言葉では組織風土に理念は定着しないからと、自ら、すべての指針を書き替えられ、
現在その浸透に尽力されています。

いまもサッカーで身体を鍛えられていて、その礼儀正しさ・事業を語る口ぶりから、
温厚な中にも、「もっと会社を良くしたい」という熱い想いが伝わってきました。

一緒に会社を良くする勉強をしたい・・・と思える、こういう方と出逢えるのは、
本当にうれしいことですね。現状に満足せず、問題を見つけるところからがスタート。
現場の隅々で実際に経験されてきた方だからこそ、変化させなければいけないものも、よく
見えているのだと思いました。

お顔は撮影させてもらえなかったのですが、ホームページで紹介されていますので、
良かったら是非、覗いてみてくださいね。イケメンです。

同友会への入会は今後の検討、ということで。

近い将来、変化していく「いま」を聞かせていただくこと、楽しみにしたいと思います。

では、最後に。

今日、石坪社長をご紹介いただいた野本商会の野本さんと、事務局の知花くんをご紹介します。

IMG_4069
知花くん…。

IMG_4064
ち、ちばなくん?

Google

Google

-同友会

執筆者:


関連記事

no image

つかみって大事だ。つかめていると信じることって、とても大事なことだ

須磨水族園の前園長は「亀崎さん」だし、兵庫県立歴史博物館の学芸員の方のお名前は「神戸さん」だし、偶然ではない何かを感じてしまうのである。ちなみに僕の車に飛び石があってフロントガラスを修理してくださった …

同友会の仲間と過ごす深夜の時間、コンビニ前の猫は希望を見上げて

同友会の青年部、仲間たちと深夜2時過ぎまで会議。 出し合うアイデアの向かう方向は「誰に、どうなってほしいか」。ターゲットを決めて、その人の持って帰るお土産をイメージする。思考のプロセスは商売と同じ。 …

no image

変化や挑戦のための土壌作りと根回し、優先すべきことは何か。

同友会では本会と青年部に所属していて、今年はその両方で役を受けている。 しばらく本会の方での役はお休みしていたのだけれど今年から復帰。ただ、やっぱり、色々思うところがあって来年から本会の役は受けないこ …

ライブ演奏っていうのは生き物なんだなーということを知った、楽しかった!

同友会の前支部長の慰労会でバンド演奏をさせていただいた。 アーティストの人たちがよく言う「ライブは生き物だ」という話の意味がはじめて理解できた気がする。スタジオで練習をするし、本番前に同じ場所でリハー …

「士気」という言葉に強烈に憧れるようになった、最高の仲間たちとの出会い

梅の香を瀬戸内のイカナゴたちが奪っていく。釘煮を炊く香りに街が満ちると、もう春なんだなぁと思う。 飛び跳ねるまま小女子を釘煮かな/長谷川櫂「虚空」― 梅たちの存在が薄くなる瀬戸内の春、イカナゴが風に満 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly