川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

「のに」で終わる人は、何もしないひと。

投稿日:

10万円以下のコンピュータ、勘定科目は消耗品。

時間を買うことの出来るツールって、消耗品と割り切った方が、結果的に捗る。
モノを大切にするという思想に支配されすぎて、時間という隙間を生み出せないことの方が
もったいない気がするな。

今いる職場や、前の職場の問題点ばかりを言及する人に魅力は感じない。

(自分はここまでやっているのに)
(自分にはこれだけのポテンシャルがあるのに)

「のに」で終わる人は、何もしない人。
つまり、「やれば出来る子、やらない子」。

雇用側の立場で考えるとき、仕事を楽しそうにしている人に魅力を覚えるのは当然。
だから、現状に不満のある人の解決策として、自分や自分たちの会社を選んでもらったとしても、
それはお断りせざるを得ない。

旗を振るよりも、輝け。

と、放ってみることも、責任感のひとつであると信じて。

何度も書き直しをしては、手垢で汚れた事業計画書を持ち歩いていた、ある社長さん。
偶然、その会社の従業員の方とお話する機会があったのが、このお手伝いを業務の一つに加えたきっかけ。

「うちの社長、セミナーに参加しては一生懸命何か書いてますけど、配られたきり、あんなもの誰も
見てませんよ。復唱してたら満足するみたいなんで、大切なとこだけは朝礼で読んでますけど。
やらされてる感、ありありですよね」

言葉の力、表現力。

事業計画書作りのお手伝いをしていて、相手のエネルギーになれたと思える瞬間が、今は一番楽しい。
書に起こすという重要性は理解していて様々なセミナーに参加したり、コンサルに相談しても、
大抵のそれは絵に描いた餅。
食べる餅にするためには、そこに「誰を」「どんな風にしたいか」という視点を具体化する必要がある。

ひとを管理することをリーダーの仕事だと思っていては、組織風土は生まれない。
管理するのは、仕事そのもの。
込めるのは心。
抱くのは志。

一貫性のあるそれを口癖に出来た人間だけが、共感という言葉を口にすることが出来る。

書いているから、セミナーを受けているから、偉いという視点に付き合っていくことは、捨てて。
そこに集う人たちの表情や言動を観察するだけで、本物であるかどうかは見極められる。

自分はそこから得られることを、学びとも、反面教師ともしたい。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

抹茶フラペチーノへの、遙かなる想い。

アメリカのスタバでは、オーダーのときに名前を聞かれるらしい。日本も同じシステムにしてくれたら「抹茶フラペチーノをお待ちのお客様~」と呼ばれては(やだあの人、抹茶フラペチーノなのね)などと思われているの …

きゅうりの収穫。

よく肥えました。

ベタもいます。

餌をねだって身体をふりふりする可愛い奴です。

幸せの形はシャンパンタワー ~お通夜に参列して思ったこと

岡山、お通夜に参列。 逝ってしまう人がいるということは、残される人がいるということ。残された人は、寂しさと同じくらいに「あの人は幸せだったのだろうか」という疑問に支配され苦しみを覚えることがある。生き …

ホテイアオイの花 〜世の中には、気持ちを向けた人だけが気付くことのできる特別が存在する

玄関の外に置いてあるメダカたちが遊ぶ鉢には、ホテイアオイという水草を浮かべてある。夏の光が大好きなホテイアオイは、株から分かれて増えていき、時々、こんなに美しい花を咲かせて目を楽しませてくれる。 咲い …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly