川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】虫たちの音符を抜けていくページ

投稿日:

夏の太陽に焦がされた人も、虫たちの奏でる楽器に耳を澄ませる。

同じ星の上に生きて、どんな悲しいことがあっても、ちゃんと季節は巡っている。
ほっとして、空を見上げる優しさは誰も同じ。
凍て付く冬の寒さではなく、この温もりのままが東北の町に続くことを心から祈りたい。

種を植えるように、芽の伸びるようにと、ページを繰っていく。
知恵は、誰かに繋がる力になる。

そう言い聞かせながら、秋の夜長に心を任せるままに。

虫たちの音符を抜けていくページ

月刊ふあうすと 2011年10月号
裏表紙に掲載

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】明日咲かすつぼみを胸に一段目   ばた

一段上ってみること。 ほんの、その高さから見る景色も、少し異なって、新鮮、勇気。希望は能動の先に生じて、未来を見据える。 胸のつぼみは、明日咲く。 今は、勇気を持て、風を待て。 ===   【入選】明 …

寂しくて泣いたし、嬉しくて泣いたし ― 父の子で、母の子で。

康孝の孝 父の名と母の詩と こんな句を作って、blogに掲載したのは、父が亡くなって半年が経った去年の秋。 大会で選ばれたわけでも、誰かに認められたわけでもない。でも、今までに自分が2000句以上もの …

no image

【川柳】肩落とす子に体温を分けてやる   ばた

無言でそっと? 肉まんでも一緒に食べようか? いいよ、無理すんな。 痛いの、痛いの、飛んでいかなくったって構わない。 池に小石を投げ込んで。あぁ、そうだ、俺にだって、実は昔、こんなことがあってなぁ・・ …

no image

【川柳】ランドセル抱いて 百人祈る母   ばた

誰にいじめられるでもなく誰を傷付けるでもなく どんな笑顔のときにもどんな悲しみに触れるときにも よこに まわりに そばに ずっと 温もりの宝もの つづきますようにって どの母も どの子にも まぶしいば …

no image

【川柳】逆上がり子供は風にキスをする   ばた

放課後は無限大だった。 どんな夢だって、誰も笑わない。階段をのぼっては、必ず見えてくる景色があるのだと、信じて疑わない。 得意になるまで、全てを成し遂げるまで。 ご褒美の風は、いつも、優しくタイミング …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly