川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】虫たちの音符を抜けていくページ

投稿日:

夏の太陽に焦がされた人も、虫たちの奏でる楽器に耳を澄ませる。

同じ星の上に生きて、どんな悲しいことがあっても、ちゃんと季節は巡っている。
ほっとして、空を見上げる優しさは誰も同じ。
凍て付く冬の寒さではなく、この温もりのままが東北の町に続くことを心から祈りたい。

種を植えるように、芽の伸びるようにと、ページを繰っていく。
知恵は、誰かに繋がる力になる。

そう言い聞かせながら、秋の夜長に心を任せるままに。

虫たちの音符を抜けていくページ

月刊ふあうすと 2011年10月号
裏表紙に掲載

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】ため息の薄くなるまで 高い空

 高校生のころ、京都の街を歩いた、空を見上げた。歴史上の人物も同じようにこの空を見上げたのかなと、想いを張り巡らせた。そして僕は京都の大学に通いたくなった▼どんな時代の、どんな場所にも、同じ色の空があ …

no image

【川柳】初七日の後 骨壷と丸い背と   ばた

「これまで」の区切りがついて。 ふと、「これから」の風が流れた。 桜の校門胸に抱いた希望のような どんな明るい未来を抱くというのだろう。 何も語らず、何も聞こえず。 ふと、「これから」の風を思った時間 …

no image

【川柳】チョキを出す僕に優しいパーのある   ばた

僕のチョキはいつだって無敵だった。 さいごのひとつ、を、そして僕は。得意な顔をして、美味しそうに頬張ったものだった。 かならず、いつも、僕のチョキに。 とても悔しそうに負けてくれたこと。 いまとなって …

no image

明石海苔の鍵庄さんで今年も川柳コンテストの審査員をやらせていただくので、みんな応募しちゃってください

意外に知られていないのが海苔の養殖量、兵庫県は佐賀県に次いで2位であるという事実。全国のおよそ2割程度が兵庫県で養殖されたものだ(農林水産省の漁業養殖量統計調査より)。 明石の海苔はうまい。そして明石 …

no image

【川柳】まだ海に日の丸を見る父の父   ばた

ほんの思い出話。 海で思い出すこと、海に語りかけること。洋上に咲いた、散った桜に。 どうしてそんな、淋しそうな顔をして。 ===   【掲載】まだ海に日の丸を見る父の父     ふあうすと2007年0 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly