川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】北風の壁になれない微力たち

投稿日:

東北に吹く風の冷たさを想う、
何も出来ない無力を憂う、
何かしたがる心が集う、
気持ちは温度になって現れるのだと願う。

出来ることを問われ続けた時間だった。
出来ることを考え続けなければいけないこれからになった。
個人として、会社として、川柳を通じて何が出来るだろうという、社内での語らいの時間。
起きたことを嘆くだけでく、起きたことに意味をもたしていく。

深まる秋、も、行動を添えて。

北風の壁になれない微力たち

月刊ふあうすと 2011年11月号
裏表紙に掲載

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】戦争は何チャンネルでしてますか   ばた

安っぽいドラマだ、今日も赤い血を流して。ありきたりのシナリオめ、明日も涙を止めさせぬ。 当たり前の景色だな、もう、誰も、見飽きたというのに。 ===   【掲載】戦争は何チャンネルでしてますか     …

no image

【川柳】梅薫るから 言い訳の出来ぬ羽根

 3月には「そろそろ」という言葉が似合うような気がする。新年の誓いから遠くなりつつあっても、今ならまだ間に合うのではないか。何が出来ていなくて、どう、走り出すか。そんなことを考え直してみたり▼制服の採 …

no image

【川柳】親指の硬くなるまで空越えて   ばた

昔は手紙、今はメール。 空を越えて、すぐに伝えたがる心に親指は一生懸命でした。 いつか一生懸命は重たくなって。 遠く、遠く。 遠く、遠く。 霞んでいく情景の中に どうしてでしょうか。浮かぶものは 飛び …

no image

【川柳】まとめ買い 母にはうんと長生きを   ばた

約束のように、おまじないのように。まとめ買いの数だけの、これからのこと。 振り返るには、まだ早い。 どうか、色鉛筆。彩のある未来、軽い声に満ちて。 ほっと出来るままの、今のまんまを、ずっと。 === …

no image

【川柳】靴下がくたびれているワンコイン   ばた

確か、この川柳を書いたころも疲れを覚えている時期でした。入選の報を聞いた今もまた、同じような疲れを覚えていたり…。 足元の哀愁と、手のひらの希望。 見飽きるほどの景色のはずなのに、心はまだ対処方法を覚 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly