川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】星の降る夜 東北の傷のこと

投稿日:

「おかげさまで」という言葉の美しさを想う。

何かは誰かの力になり、誰かは誰かの支えになる。
「出来ること」を問い続け「出来ること」は積みあげ続けられた。

川柳という詩のなかに、たくさんの祈りがあったこと。
美しい国だな、と、思うことがたくさんあった。

鈴の音が街に響きはじめた。

関西にいて、3月の震災のことは少しずつ遠くなっていく。
苦しみと悲しみを完全に共有することは出来なくても、

「日本も捨てたものじゃないな」

そんな想いの育まれた一年であったことを思い出しながら、
師の走るこの一ヶ月を駆け抜けていきたい。

星の降る夜 東北の傷のこと

川柳「ふあうすと」12月号裏表紙掲載句

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】この線を越えさせぬ血は父だろう   ばた

いつも、僕の。正義と、優しさと、道徳と、決断の。 確かな線でいてくれて。 ありがとう、これまでの、どうも。 よろしく、これからも、どうぞ。 ===   【入選】この線を越えさせぬ血は父だろう      …

no image

加藤鰹さん追悼川柳句会の結果発表、特選に選んでいただきました

加藤鰹さん追悼川柳句会の結果発表。 印象吟、高瀬霜石さんの選で自句を特選で抜いていただいた。これから先、鰹さんの名前がどこかで思い出され、誰かが検索する。都度、この追悼句会のページが検索の上位に表示さ …

no image

【川柳】青春の火種に息を吹き掛ける   ばた

今月の川柳マガジンでは2つ選んで頂きました。 大人になっても、いくつになっても、まるで少年の頃のようにびびっと何かを感じて、心が熱くなる瞬間があります。 既成概念に捉われず、いつも、行動に情熱の伴う、 …

no image

【川柳】エラ呼吸してます噂消えるまで   ばた

ほんの75日、嵐の過ぎるまで。 目立たぬように、身を屈めて。気付かれぬように、息を潜めて。 やがて、そっと、僕は解き放たれる。 ===   【佳作】エラ呼吸してます噂消えるまで     月刊川柳マガジ …

no image

【川柳】整頓の過ぎて発覚するドラマ   ばた

前略 中略 後略。 いやな汗だねぇ、男ってやつは。 ===   【佳作】整頓の過ぎて発覚するドラマ     月刊川柳マガジン2007年10月号     川柳道(「部屋」雫石 隆子選)

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly