川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】星の降る夜 東北の傷のこと

投稿日:

「おかげさまで」という言葉の美しさを想う。

何かは誰かの力になり、誰かは誰かの支えになる。
「出来ること」を問い続け「出来ること」は積みあげ続けられた。

川柳という詩のなかに、たくさんの祈りがあったこと。
美しい国だな、と、思うことがたくさんあった。

鈴の音が街に響きはじめた。

関西にいて、3月の震災のことは少しずつ遠くなっていく。
苦しみと悲しみを完全に共有することは出来なくても、

「日本も捨てたものじゃないな」

そんな想いの育まれた一年であったことを思い出しながら、
師の走るこの一ヶ月を駆け抜けていきたい。

星の降る夜 東北の傷のこと

川柳「ふあうすと」12月号裏表紙掲載句

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】側面の弱さ本音を語り出す   ばた

「印象吟」というコーナーがあります。 ある写真を見て、それをヒントにした作句を行うというもの。発想が固定化しがちで、あまり得意ではなかったのですが、今回、初めて選んでいただけました。 写真は、半分にな …

no image

[川柳] 耳たぶに風 幸せの顔をして

 ほんの小さな、ささやかな喜びを憶えていられるほうが、その人生は幸せに違いない。日常のなかに重なるそれらを綴るのに、この川柳という手段があって、今年はどれだけの幸を17文字に閉じ込めることが出来ただろ …

no image

【川柳】そのナイフ林檎を剥いてみてごらん   ばた

強がりの顔をして、優しさを隠してばかり。 ありのままでいいのに。本当のまんまで、いいのに。 心に触れる、君の温度を。 与えてごらん、きっと、氷は湖の広さに。 ===   【特選】そのナイフ林檎を剥いて …

no image

【川柳】お化けだといえば信じて子の寝息   ばた

子:(夜更かしをしたいとぐずっている) 母:「悪い子は、お化けがさらっていっちゃうぞ」 子:「お化けなんて来ないもん!」 母:(ドアをノックしてみせて)  「ほーら、来たよ、来たよ」 子:(子供、震え …

no image

【川柳】輪郭は父に似てきて反抗期   ばた

誰も、みんな。 その道を通って、同じ貌になっていく。やがて気がつくのは そこに、形のような想いがあったのだということ。 ===   【入選】輪郭は父に似てきて反抗期     2007年02月蛸壺川柳社 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly