川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】星の降る夜 東北の傷のこと

投稿日:

「おかげさまで」という言葉の美しさを想う。

何かは誰かの力になり、誰かは誰かの支えになる。
「出来ること」を問い続け「出来ること」は積みあげ続けられた。

川柳という詩のなかに、たくさんの祈りがあったこと。
美しい国だな、と、思うことがたくさんあった。

鈴の音が街に響きはじめた。

関西にいて、3月の震災のことは少しずつ遠くなっていく。
苦しみと悲しみを完全に共有することは出来なくても、

「日本も捨てたものじゃないな」

そんな想いの育まれた一年であったことを思い出しながら、
師の走るこの一ヶ月を駆け抜けていきたい。

星の降る夜 東北の傷のこと

川柳「ふあうすと」12月号裏表紙掲載句

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】遺伝子を叩き直しているチャペル   ばた

魂を浄化させて。 今までの自分ではない、自分の中の流れを祈る。きっと虫のいい話なんでしょうが。 それだけの決意をもって、臨むもの。 きみと、ここからの、ぼくらの道は。 ===   【掲載】遺伝子を叩き …

no image

【川柳】明日咲かすつぼみを胸に一段目   ばた

一段上ってみること。 ほんの、その高さから見る景色も、少し異なって、新鮮、勇気。希望は能動の先に生じて、未来を見据える。 胸のつぼみは、明日咲く。 今は、勇気を持て、風を待て。 ===   【入選】明 …

no image

サラリーマン川柳ならぬ、社長川柳とは。

同友会のSNSで、経営者の立場から【会社川柳】を書いてみることにした。いろんな試みに、自分の「表現」という手段で挑戦してみるのも面白い、かも。 手始めに、こんな。 決算の近い社長の温度計  数字を意識 …

no image

【川柳】家族愛もろく崩壊重ね録り   ばた

「あの番組、録画してあるねん。みんなで見よー」 「あ、あれ?」 「えぇぇぇぇぇぇ!!!」 「うわぁぁぁぁぁぁ!!!! 消えてるー!!!!!」 「めっちゃ見たかった番組やのにー!!」 「なんでちゃんと確 …

no image

【川柳】整頓の過ぎて発覚するドラマ   ばた

前略 中略 後略。 いやな汗だねぇ、男ってやつは。 ===   【佳作】整頓の過ぎて発覚するドラマ     月刊川柳マガジン2007年10月号     川柳道(「部屋」雫石 隆子選)

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly