川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

春は来るのか、春に行くのか。

投稿日:

春の来る前に、その人たちの気配はなくなってしまった。

ここに集った夢たちは、いま、どうしているのかな。
会社をしていて、いつも怯えてしまう看板の一つでもある。

春を待つ、は、春を手繰り寄せると同義ではないから。
具体性のある一歩を踏み出していきたい。

ちゃんと。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

コミュニケーションで一番大切な「間(ま)」のことを、僕は羊かんで学んだ

日本刀のカタチをしたようかんのためのナイフを見つけた。発想が面白くて好き。 むかし、人生の大先輩といっても過言でないような方に茶室のようなところに呼んでいただき、色々な示唆を与えてもらったことがある。 …

no image

どう働くか、ではなく、どう見られるか。

働き方にこだわりを持つのは悪いことではない。 けれど、それについてばかり言及している人は、お客さんからの見られ方に対する意識が低いようにも思える。 「ワーキングスタイルは理解出来ました、で、何屋さんな …

no image

オマエハアホカと怒鳴りちらし寿司。

一回り以上は年上の、ある「営業」の方に激怒。 自分の行動や言動が、相手にどう作用するのか考えられない。年齢相応の常識や良識が全く感じられず、「自分さえ良ければ」な行動が前に出過ぎていて、とても不愉快な …

大切なお客様から

いただきました。 ありがとうございます。染みます。

no image

口コミを企画、口コミで絶えず。

見舞いには行けず。 体調は、さらに悪化しているらしい。余計に悪い想像をしてしてしまう伝聞。 苦しむ人の横で、24時間祈り続けるのは家族。 皆が解き放たれるように、一日も早い回復を願う。 仕事は、忙しい …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly