川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

春は来るのか、春に行くのか。

投稿日:

春の来る前に、その人たちの気配はなくなってしまった。

ここに集った夢たちは、いま、どうしているのかな。
会社をしていて、いつも怯えてしまう看板の一つでもある。

春を待つ、は、春を手繰り寄せると同義ではないから。
具体性のある一歩を踏み出していきたい。

ちゃんと。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

10枚ためることが漢。

@吉野家

no image

鳥インフルエンザを食らう

週末。 最近見つけた、近所のくしかつ&焼き鳥屋でご機嫌な時間。焼いてありゃー大丈夫だろうという強気な姿勢で。 「子供が修学旅行で京都に行くのだが大丈夫か?」 そう問い合わせている親もいるらしい。そこま …

no image

経営指針書 ~言い続けたことをまとめる作業 ― 3つの力 ~

どこか旅行に行きたいと思っていたけど、挫折。 いつも旅行は、当日の朝(真夜中)に予約するのです。さすがにこの時期は、「雪」を考慮して探さないといけないので、適当な場所が見つかりません。 かわりに、三田 …

no image

家庭教師をしていた教え子が、今はもう50名近い社員の生活を守る社長になった

教え子の雄姿にただただ感動しました。そして自分のまだまだを思い知らされました。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年11月9日 株式会社アバンサール、家庭教師時代の教 …

大阪の空にも秋が泳いで

お盆休み前の最後の打ち合わせは大阪へ。ここからはしばらく事務仕事とライティングに集中する。 コンクリートの街の体感温度は神戸や明石と比較して高く、バテそうになるのだけれど、見上げるたびに秋の気配があっ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly