川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

春は来るのか、春に行くのか。

投稿日:

春の来る前に、その人たちの気配はなくなってしまった。

ここに集った夢たちは、いま、どうしているのかな。
会社をしていて、いつも怯えてしまう看板の一つでもある。

春を待つ、は、春を手繰り寄せると同義ではないから。
具体性のある一歩を踏み出していきたい。

ちゃんと。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

海抜550mの紅葉。

空気は、もう、冬の。 無事朱印もいただき、散策しています。流れる時間は、とてものんびり。

明石のずっと重い空。

今日は一日中、雨です。梅雨明けはまだ遠い。 FさんもiPhoneを購入されたそうで。 仲間が増えるなぁ。うれし、たのし。

no image

事故余談。

ちなみに、運んでくれた救急隊員の方。運転が不慣れなのか、  「ちゃうちゃうー、内輪差考えろー、ちゃうわーっぃ!!」 と、同僚の方に怒られまくっていました。 そして、病院から会社に向かうタクシーの運転手 …

no image

壊れたように泣いた、何故。

分かれ道があって、二択。 選んだ先に宝箱があれば、正解なのだろう。けど、選ばなかった先の景色は、ずっと後ろ髪に結ばれてしまう。 恐れるよりも、行き止まりなら行き止まりを知りに行こうとする勇気を認めたい …

no image

神戸で一番、温かな気持ちになれる会社でありたい。

今日になって、いくつかのお店でマスクを買えるようになったが、有り得ないほどに値段が高騰していた。 震災のあとに感じたような、寂しい景色。 立ち寄った商店街では、所々に白いマスクの花が咲いている程度だっ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly