川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

教えたいのか、気付いてほしいのか ― 人は疲れるということを忘れないで。

投稿日:

「こんなことはしちゃいけない」というノウハウ的なことは、容易に知ることが出来る。

そして、その制約を追いかけていくと、いずれ人は疲弊して、
継続を放棄するようになってしまう。

だから、寄り添いたいと想う気持ちありき、僕は、
「こんなことでもいいから、継続したらいいんですよ」と許容することにしている。

継続のリズムの中で、少しずつ、軌道修正を促していけば、
継続というチカラに相まって、「なるほど」という納得も生まれやすくなる。

最近、よく使う言葉。
お客さんに向き合いたいのか、横並びでいたいのか。

立ち位置の難しさ。

教えるのではなく、気付きを与えられるようになると、
その絆は強くなる。

あえて抽象的に書いてみたのは、色々な思惑があって。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

涙はつらいね、だから祈りの。

今日もあなたと、あなたの大切な。 元気でありますように。健康でありますように。 ぜんぶ、元通りでありますようにって。 そう、心から、祈っています。 当たり前は、いつも、とても柔らかな優しさを伴って。 …

納涼。

水の中にもある季節。 ただ、秋を待ち秋を待ち。

no image

上手にフォークやナイフを使うことよりも、笑って「おかわり」を言える自分でありたい

口角を上げて笑うことを意識している人に会うと、自分のトークでは自然な笑みをこぼしてくれないのだなぁという気になる。 [川柳]ジョーカーのいない笑顔は信じない | 短歌と川柳とマカロニと 礼儀や作法やマ …

寝坊厳禁。

明日は、昔から兄妹のように接してきた従姉妹の結婚式。 原宿にて。 …やっぱ、食べなきゃなあ、クレープ。

のじぎく兵庫大会。

@尼崎 はばたんたちがうじゃうじゃいます。 焼鳥食べたい。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly