川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

教えたいのか、気付いてほしいのか ― 人は疲れるということを忘れないで。

投稿日:

「こんなことはしちゃいけない」というノウハウ的なことは、容易に知ることが出来る。

そして、その制約を追いかけていくと、いずれ人は疲弊して、
継続を放棄するようになってしまう。

だから、寄り添いたいと想う気持ちありき、僕は、
「こんなことでもいいから、継続したらいいんですよ」と許容することにしている。

継続のリズムの中で、少しずつ、軌道修正を促していけば、
継続というチカラに相まって、「なるほど」という納得も生まれやすくなる。

最近、よく使う言葉。
お客さんに向き合いたいのか、横並びでいたいのか。

立ち位置の難しさ。

教えるのではなく、気付きを与えられるようになると、
その絆は強くなる。

あえて抽象的に書いてみたのは、色々な思惑があって。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

例えて言うならば、曙に立ち向かう園児のようで。

愛犬ジュニア。 公園で出会う何倍も大きな犬に対してさえ『友達になろっ!』とそばに。 可愛くて仕方ありませぬ。

A5ランクの。

豊後牛、だそうで。 香りが最高。

朝から愛想を振りまいて。

愛犬じゅにあ@実家前。 近所の人にご挨拶しまくってます。かわいいなぁ。

二日酔いの朝は。

仕事モードに強制移行。

夏はくたびれて。

少しずつ少しずつ、小さな小さな。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly