川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】金環を見上げ宇宙を生きている

投稿日:

 何十年や何百年に一度という星たちの奇跡に巡りあった。見上げる声は、誰も子どもの頃のそれで、宇宙の広さに一人一人はとても小さい。米粒にも満たない蒼を、星はどんな風に笑うのだろう▼科学にも計算の出来ない誰かと誰かの物語。自分という歴史に残せるかどうか、それは心の構え方。この広い宇宙のほんの小さな星で、生かされているからこその印を刻んでいきたい▼また、いつも通りに紅い、太陽に分けてもらいながら。

金環を見上げ宇宙を生きている
【月刊ふあうすと 2012年6月号裏表紙】

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】もう誰も怒ってくれぬ夕茜   ばた

叱ってくれる人を大切にしたい。叱られて反省のできる、器を持ちたい。 夕焼け小焼け、発展途上。 こころ、からっぽの場所、 身にしみて、照らされて。ありがたくて、ひとりじゃなくて。 ===   【掲載】も …

no image

【川柳】おかわりはどんぶりがいい母の味   ばた

入選。NHK札幌放送局 ほくほく川柳大賞(9/29放送分)に選んで頂きました。 お題は「おいしい」。 === 母はいつでもお腹いっぱい食べさせてくれました。 食べたいものは何でも、習いたい習い事は何で …

no image

【川柳】目に見えず喜怒哀楽の空の下

放射線は目に見えず、故郷から離れて、懸念と悲しみと。ひとの厚意は、温度を伴って、希望と優しさと▼天災は、見えなかったものたちを見えるようにしてくれた。それで知ったこと、それで泣いたこと、それで感動した …

no image

【川柳】親指の硬くなるまで空越えて   ばた

昔は手紙、今はメール。 空を越えて、すぐに伝えたがる心に親指は一生懸命でした。 いつか一生懸命は重たくなって。 遠く、遠く。 遠く、遠く。 霞んでいく情景の中に どうしてでしょうか。浮かぶものは 飛び …

no image

【川柳】飛ぶ空も追う子も消えた赤とんぼ   ばた

一番星を競った顔は がりがりと 鉛筆 かちかちと 携帯 懐かしい風の吹く季節 深呼吸したって きっといいはずの 優しい季節 ===   【掲載】飛ぶ空も追う子も消えた赤とんぼ     ふあうすと200 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly