川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】金環を見上げ宇宙を生きている

投稿日:

 何十年や何百年に一度という星たちの奇跡に巡りあった。見上げる声は、誰も子どもの頃のそれで、宇宙の広さに一人一人はとても小さい。米粒にも満たない蒼を、星はどんな風に笑うのだろう▼科学にも計算の出来ない誰かと誰かの物語。自分という歴史に残せるかどうか、それは心の構え方。この広い宇宙のほんの小さな星で、生かされているからこその印を刻んでいきたい▼また、いつも通りに紅い、太陽に分けてもらいながら。

金環を見上げ宇宙を生きている
【月刊ふあうすと 2012年6月号裏表紙】

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

【川柳】この頃の家族を覗く鯉のぼり   ばた

いつも、ふあうすとの裏面広告に、こんな感じで文章を書いています。 ===  目を覆いたくなる悲惨なニュースが続いています。 荒廃していく世の中、人の心…今一度、誰の心にも豊かさが取り戻されるよう、願っ …

川柳文学コロキュウムの柳誌で鑑賞文を書いています

川柳文学コロキュウムの柳誌で、鑑賞文を書かせてもらっています。 川柳の世界では、40歳になった自分でも「若手」。先輩方に気を遣いすぎると何も書けなくなってしまうので、開き直って好き勝手にやっています。 …

no image

【川柳】リモコンがないから恋は迷子する   ばた

魔法でも良かった、神様でも良かった。 向けた背中に、この声が届けば。ただそれで良かった。 気まぐれに、振り返ることもあった天使は。 いつか、僕の涙も声も見えなくなって。森の中へと消えていきました。   …

no image

【川柳】わからないことがわかって青になる   ばた

足踏み、ため息、足踏み、ため息。 こぼして、吐き出して、涙して。どん底から、ようやく見えてきた、空は青。 頑張らないでいい、空っぽになるまで、泣いてみることも、また。 ===   【準佳作】わからない …

川柳マガジン初めての特選。

投句を続けて一年ちょっと。 はじめて川柳マガジンで特選に選んでいただきました。活字にしたい句だったので、高い評価が得られて嬉しい。 いいこと、わるいこと。色々ある中の、ほんの温度が心に染みます。 川柳 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly