川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】転移した場所を静かに撫でていた   ばた

投稿日:

なぜ? を声に出すこともなく。
静かに、祈りを込めて。

手のひらの「どうか」。

ココロからの「どうか」。

===

  【掲載】転移した場所を静かに撫でていた

    ふあうすと2008年1月号
    全人抄(赤井 花城選)

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳(十四字詩)】流れ星には嘘がつけない   ばた

素直な気持ちで、待ってみたいものです。 ===   【佳作】流れ星には嘘がつけない     月刊川柳マガジン2006年7月号    十四字詩(「星」、佐藤美文選)

no image

【川柳】肩落とす子に体温を分けてやる   ばた

無言でそっと? 肉まんでも一緒に食べようか? いいよ、無理すんな。 痛いの、痛いの、飛んでいかなくったって構わない。 池に小石を投げ込んで。あぁ、そうだ、俺にだって、実は昔、こんなことがあってなぁ・・ …

no image

【川柳】演出が好き 家族って似るんだね / 君は死に僕の絵の具になりました

16年寄り添ってくれた愛犬が逝く。父は桜の舞う中を、愛犬はサクランボの薄紅で出来た絨毯の上を旅立っていった。サンタの演出が好きだった父に似て、我が家のアイドル犬もきっと時季を選んだに違いない。似ている …

【川柳】鉄筋の妻で私は立っている   ばた

兄弟でさえ出来ない喧嘩も。親子でさえ持ち得ない温度も。 夫婦には色々あり、おとこは、強い顔をしてみせながら。 判断を委ねて、安心をし、悔しがったりもする。 つまり、母になる強さに、おとこはどうしたって …

no image

【川柳】もう誰も怒ってくれぬ夕茜   ばた

叱ってくれる人を大切にしたい。叱られて反省のできる、器を持ちたい。 夕焼け小焼け、発展途上。 こころ、からっぽの場所、 身にしみて、照らされて。ありがたくて、ひとりじゃなくて。 ===   【掲載】も …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)