川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

知名度と期待値と ~波に乗れなくて、中を埋めきれなくて。

投稿日:

知名度を高めたいと思って始めたサービスも、その実績が積み上がると、今度は期待値となって「これまで以上」を求められるようになる。必然的に「申し込みの数」も増えて、「期待値×申込数」の分だけ仕事が慌ただしくなる。連絡漏れがないか、十分なクオリティのものを提供出来ているかどうか。より綿密なチェック体制も必要になるところだか、「忙しい」という言い訳を暗にして、気が付けば、前川企画印刷の内外に対するコミュニケーションはとても出鱈目なものになってきてしまった。「ひとを管理する」という言葉は、性悪説に立っているようで好きではなかったけれど、それはリーダーとして、自分が甘過ぎたのだろうか。

誠実な仕事をしたいと思う。
相手がお金を持っているからその財布を狙うようなことはしたくない。十分な目的を提供しないまま、曖昧な時間や成果物を提供するような立場の仕事は、昔から大嫌いだった。と、同時に、「仕事なのだから、やれ」というような、頭ごなしにロボットを操作するような環境で、人を潰すようなことはしたくない。

仕事と組織の在り方について、ずっと苦しんでいる。
「甘い」と言ってくる年上の経営者たちにいつも反発してきたけれど、経験則に委ねたほうが、結果的には会社にとってもお客さんにとっても良質なものを提供出来ることになるのだろうか。語り合える人が欲しいな、と、思った。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

当たり前に過ぎていく景色と時間を浪費することのないよう、想いの温度を抱くことを大切にしていきます

39歳になりました。 これまでを感謝して、これからを想像する節目の一日。自分のために時間を割き、自分のために祝福をしてくださったすべての方に感謝します。年齢を重ねるということは、謙虚であるべきことの意 …

天文館科学館からの眺め。

もうすぐプラネタリウム。多分寝ます。 おやすみなさい。

夜の明石海峡大橋(動画)

動画を見るわかりますか??

no image

地震のおかげで、あんたに逢えたんやなぁ – 神戸らしく、大人らしく。

阪神淡路大震災の時、僕は大学受験生だった。瓦礫の街、受験地に向かうため代替バスを待つ僕を、周囲の人は風邪を引いてはいけないからと、声をかけあって先に乗せてくれた。京都の宿舎に着くと、ホテルの人がパンを …

納涼。

水の中にもある季節。 ただ、秋を待ち秋を待ち。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly