川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

知名度と期待値と ~波に乗れなくて、中を埋めきれなくて。

投稿日:

知名度を高めたいと思って始めたサービスも、その実績が積み上がると、今度は期待値となって「これまで以上」を求められるようになる。必然的に「申し込みの数」も増えて、「期待値×申込数」の分だけ仕事が慌ただしくなる。連絡漏れがないか、十分なクオリティのものを提供出来ているかどうか。より綿密なチェック体制も必要になるところだか、「忙しい」という言い訳を暗にして、気が付けば、前川企画印刷の内外に対するコミュニケーションはとても出鱈目なものになってきてしまった。「ひとを管理する」という言葉は、性悪説に立っているようで好きではなかったけれど、それはリーダーとして、自分が甘過ぎたのだろうか。

誠実な仕事をしたいと思う。
相手がお金を持っているからその財布を狙うようなことはしたくない。十分な目的を提供しないまま、曖昧な時間や成果物を提供するような立場の仕事は、昔から大嫌いだった。と、同時に、「仕事なのだから、やれ」というような、頭ごなしにロボットを操作するような環境で、人を潰すようなことはしたくない。

仕事と組織の在り方について、ずっと苦しんでいる。
「甘い」と言ってくる年上の経営者たちにいつも反発してきたけれど、経験則に委ねたほうが、結果的には会社にとってもお客さんにとっても良質なものを提供出来ることになるのだろうか。語り合える人が欲しいな、と、思った。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

「誰でも3秒でアイドル気分を味わえる方法」・・・はさておき。

「電気シェーバーを両手で持って顎の辺りを剃ると、アイドルっぽい気持ちになれますよ」 そんなネタを温めたまま、10月を迎えることになった。世の中の大半を「どうでもいいこと」が占めているのだとすれば、僕の …

目的地はどこ? 辿り着きたいのはいつ? 守りたいのは誰?

ずっと泳いでばかりもいられない、かといって、休んでばかりでも置いていかれてしまう。目的地はどこで、辿り着きたいのはいつなのか、ゴールの瞬間には誰といたいのか。「こんな風になりたい」だけでは叶わない。 …

行列の出来るハンバーガーショップ。

3つ食べようと思っていたけど、無理でした。 今回のイベント、近隣のバーガーショップさんとはどうやって折り合いをつけたんだろう? 気になります。

高く高く、空へ空へ。

あーちゃんを空へ、見送ってきました。 先に待ってくれている3匹の家族と、父親と。穏やかな時間を過ごしていてほしいものです。 ありがとう、と、寂しいの。 ただ、繰り返し。大きな存在でした。

ミント神戸。

@三宮 震災の時見上げた空に、若者たちを吸い込んでいくビルが建ちました。街の躍動が眩しいです。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly