川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】杉の舞う日は宙に向く言葉たち

投稿日:

 最近の歳時記には花粉症を季語として採り入れるものもあるのだとか。降り続く雨はないという言葉もあるが、それにしても、春の来るまでのこの時期は本当に憂鬱なものである▼屋根の下の時間が増えて、活字に向き合う時間が長くなる。昨年の10月に亡くなった流通ジャーナリスト金子哲雄さんの「僕の死に方 エンディングダイアリー500日」(小学館)には感銘を受けた。自分という人間の観られ方、そして死生観。人はこの世に関わりを持つために生まれてきたものであることを知る。自分はかく生きられるだろうか、残すことが出来るだろうか▼短詩のなかに、青々しいまでのその時々の命を刻んでいきたいと思う、今年も、これからもずっと。

杉の舞う日は宙に向く言葉たち

月刊ふあうすと 2013/2月号
裏表紙掲載

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

風をくぐって君に逢いたい 答えはその中にある。

三回忌、父の。 たくさん泣かせてもらった。たくさん話を聞いてもらった。 (いま、こんな風にしんどいんだよ。親父なら、どうする?) 答えは、思い出のなかの、声と背中に。 父のことを詠んだ句は、その多くが …

no image

【川柳】鰯雲 何が始まり終わったか   ばた

秋は確かに、その時を目撃していた。 きっかけにして走り始める人の、言い訳にして物語を終えようとする人たちの、 ほんのドラマの数々を 透き通る 高い場所から 見守っていた。 涙の味を覚えていて 風と空に …

no image

【川柳】梅薫るから 言い訳の出来ぬ羽根

 3月には「そろそろ」という言葉が似合うような気がする。新年の誓いから遠くなりつつあっても、今ならまだ間に合うのではないか。何が出来ていなくて、どう、走り出すか。そんなことを考え直してみたり▼制服の採 …

【川柳】マフラーの長さのようなありがとう  ばた

人は温度、人はありがとう。 ビー玉を集めた一生懸命で、今日も明日も、ボクもアタシも。そして、やがて。 笑い皺、笑い声、君に、あなたに。 当たり前を、道の真ん中において。

no image

【川柳】目に見えず喜怒哀楽の空の下

放射線は目に見えず、故郷から離れて、懸念と悲しみと。ひとの厚意は、温度を伴って、希望と優しさと▼天災は、見えなかったものたちを見えるようにしてくれた。それで知ったこと、それで泣いたこと、それで感動した …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly