川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】杉の舞う日は宙に向く言葉たち

投稿日:

 最近の歳時記には花粉症を季語として採り入れるものもあるのだとか。降り続く雨はないという言葉もあるが、それにしても、春の来るまでのこの時期は本当に憂鬱なものである▼屋根の下の時間が増えて、活字に向き合う時間が長くなる。昨年の10月に亡くなった流通ジャーナリスト金子哲雄さんの「僕の死に方 エンディングダイアリー500日」(小学館)には感銘を受けた。自分という人間の観られ方、そして死生観。人はこの世に関わりを持つために生まれてきたものであることを知る。自分はかく生きられるだろうか、残すことが出来るだろうか▼短詩のなかに、青々しいまでのその時々の命を刻んでいきたいと思う、今年も、これからもずっと。

杉の舞う日は宙に向く言葉たち

月刊ふあうすと 2013/2月号
裏表紙掲載

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】ただ生きて食べて笑ってくれたなら   ばた

約束したね、あなたは僕の。 それでいい、そのままがいい。何もいらない、何も変わらない。 ずっとただ。 約束のままの未来を、僕に、見せていてほしい。 ===   【入選】ただ生きて食べて笑ってくれたなら …

no image

【川柳】腹痛め生んだ子供に胃を痛め   ばた

母は強し、されど弱し。 守るのか、守られるのか。いつの時代も、親は子を見つめ、子は親を労わるものなのです。 ===   【佳作】腹痛め生んだ子供に胃を痛め     月刊川柳マガジン2006年7月号   …

no image

【川柳】国境の濡れ雑巾が追いつかぬ   ばた

繰り返してばかりの、争いの炎に。 飽き飽きしていて、それは、天気予報と変わらないくらい、見慣れたニュースの一部だった。 きっと、誰かが始めたんだろう。きっと、そのうち終わるんだろう。 そんな程度の認識 …

no image

【川柳】靴紐を結び直してリスタート   ばた

走ってもいい、歩いてもいい。ただ、前を向いていよう。前に向かってみよう。 焦ることはない。 いつだって、再出発は出来る。 深呼吸でもしながら、靴紐でも結び直して。ただ、前を向いていよう。前に向かってみ …

no image

【川柳】愛娘 防虫剤が効きすぎて   ばた

変な虫が付かないようにと、なんとか、かんとか、計画通り。そしてやってくる、賞味期限。 あーあ、こんなはずじゃなかった。 どうしたって大人は、高望みをしちゃうのか。 あーあ、こんな、こんな、こんなはずじ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly