川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】杉の舞う日は宙に向く言葉たち

投稿日:

 最近の歳時記には花粉症を季語として採り入れるものもあるのだとか。降り続く雨はないという言葉もあるが、それにしても、春の来るまでのこの時期は本当に憂鬱なものである▼屋根の下の時間が増えて、活字に向き合う時間が長くなる。昨年の10月に亡くなった流通ジャーナリスト金子哲雄さんの「僕の死に方 エンディングダイアリー500日」(小学館)には感銘を受けた。自分という人間の観られ方、そして死生観。人はこの世に関わりを持つために生まれてきたものであることを知る。自分はかく生きられるだろうか、残すことが出来るだろうか▼短詩のなかに、青々しいまでのその時々の命を刻んでいきたいと思う、今年も、これからもずっと。

杉の舞う日は宙に向く言葉たち

月刊ふあうすと 2013/2月号
裏表紙掲載

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】君と見た景色の中を生きている   ばた

小僧さん、いつもコメントありがとうございます。 昼から出かけないといけないので、余裕のない鑑賞になってしまいましたが、何かの参考になれば。 若輩者、初心者の身でありながら、偉そうに申し訳ありません。 …

no image

【川柳】千年の未来へ 龍の起きあがる

土埃の匂い、ブルーシートの屋根、瓦礫の街を抜けて、大学受験に向かった阪神淡路大震災。 失った悲しみよりも、受験という緊張よりも、触れてくれた優しさのひとつひとつが、今の僕を形成している。 神戸だからこ …

no image

【川柳】笹の葉は揺れて 刺されぬ世のことを   ばた

そう、なってしまったコト。 いつか当たり前だった平和や安全。いま、祈らなければならないものへ。 だれかを信じなさいという言葉や教え。いま、人を疑う性悪説へ。 短冊は、どのときから。 寒い季節に揺れるよ …

no image

【川柳】あくせくと生きてどうする聴診器  ばた

心臓は正直だ、休め休め。鼓動はのんびりを求めてる、休め休め。 強がりも見栄っ張りも、自分に嘘はつけない、休め休め。 最後の最後、ほんとのほんと。聞いてやれるのは、誰よりも、ただ、自分だけ。 だから、と …

no image

【川柳】どの空を向いて黙祷しましょうか   ばた

花火なら良かったね。あの空に、この空に、また昇っていく。 きりがないね、だからもう。 そんなボタン 壊れてしまえばいいのにって。 大人でなくても きっと腰の辺りで。そんな風に思ってるんだろうなぁ。 あ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly