川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】杉の舞う日は宙に向く言葉たち

投稿日:

 最近の歳時記には花粉症を季語として採り入れるものもあるのだとか。降り続く雨はないという言葉もあるが、それにしても、春の来るまでのこの時期は本当に憂鬱なものである▼屋根の下の時間が増えて、活字に向き合う時間が長くなる。昨年の10月に亡くなった流通ジャーナリスト金子哲雄さんの「僕の死に方 エンディングダイアリー500日」(小学館)には感銘を受けた。自分という人間の観られ方、そして死生観。人はこの世に関わりを持つために生まれてきたものであることを知る。自分はかく生きられるだろうか、残すことが出来るだろうか▼短詩のなかに、青々しいまでのその時々の命を刻んでいきたいと思う、今年も、これからもずっと。

杉の舞う日は宙に向く言葉たち

月刊ふあうすと 2013/2月号
裏表紙掲載

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】敬老の日の孫の手にあるリボン   ばた

 立秋を過ぎる頃から、夏らしくなってきた。前川企画印刷は「年鑑制作」の夏、事務所は、もっと熱い▼句集作りの相談、引き続き、いくつか。自分も川柳をしていることをお伝えすると、打ち解けて、ご希望を伝えてく …

no image

【川柳】指切りの温もり残る一人きり   ばた

いま、どこにいますか? 約束・・・ もう、忘れてしまいましたか?? 未来に繋げていく、小さな約束が大好きでした。 会ったときから、次の約束を取り付けたがる、そんな僕でした。 小指はずっと覚えています。 …

no image

【川柳】ぎゅっとしてほっとしている赤い糸  ばた

原因不明の頭痛君のそばで たちどころに あ そうか つまり 君でなければ 僕は 青春days 当たり前のように 繋がっていた線のいまは すこし 色落ちがして すこし 遠くなって いつも ぎゅっと かな …

no image

【川柳】蜂蜜と優しい妻がありまして   ばた

正面から、「うんうん」と頷いてみるあなた。行間を読んで、「にやにや」と笑ってみるあなた。 悪戯にぼくは、こんなカードであなたを覗いてみたりもするのです。 ===   【掲載】蜂蜜と優しい妻がありまして …

no image

【川柳】虫たちの音符を抜けていくページ

夏の太陽に焦がされた人も、虫たちの奏でる楽器に耳を澄ませる。 同じ星の上に生きて、どんな悲しいことがあっても、ちゃんと季節は巡っている。ほっとして、空を見上げる優しさは誰も同じ。凍て付く冬の寒さではな …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly