川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】梅薫るから 言い訳の出来ぬ羽根

投稿日:

 3月には「そろそろ」という言葉が似合うような気がする。新年の誓いから遠くなりつつあっても、今ならまだ間に合うのではないか。何が出来ていなくて、どう、走り出すか。そんなことを考え直してみたり▼制服の採寸という懐かしい響き。毎年の成長を確かめては、父母は丈に応じた服を選んでくれた。新しい匂いのするスタートはとても気持ちが良くて、今はもう遠い昔。過ぎた時間を懐かしみながら焦りを覚えるはいつもいつでも▼言い訳を置いていくのに最適な優しい薫りに、背中を押されようではないか。

梅薫るから 言い訳の出来ぬ羽根

月刊ふあうすと 2013/2月号
裏表紙掲載

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】花よ花忘れさせてはくれないか   ばた

絵の具にないその色の、優しさの。包まれて、誘われて。 ひとときでもいい。 どうか、この疲れから、悲しみから。僕を解き放ってはくれないだろうか。 花よ花、花よ花。 ===   【入選】花よ花忘れさせては …

no image

【川柳】レールには急停止した痕もある   ばた

順調に見えて、見せて。僕の絆創膏のあたりは、知る人ぞ知る。 加速、加速、どうにか今は。 あの日あの時、死にたいくらいの涙だったことを。 ===   【掲載】レールには急停止した痕もある     ふあう …

no image

明石海苔の鍵庄さんで今年も川柳コンテストの審査員をやらせていただくので、みんな応募しちゃってください

意外に知られていないのが海苔の養殖量、兵庫県は佐賀県に次いで2位であるという事実。全国のおよそ2割程度が兵庫県で養殖されたものだ(農林水産省の漁業養殖量統計調査より)。 明石の海苔はうまい。そして明石 …

no image

【川柳】神風の予報 祖国の生産者   ばた

砕け散るための魂を産み落としてしまった、そんな昭和の後悔。 今は、平成という時代にいて。 もう、そんなはずはないという、確かな自信がなんだか、少し揺らぎ始めていて、 海に、空に、祈るのは。 いつの時代 …

no image

【川柳】肩落とす子に体温を分けてやる   ばた

無言でそっと? 肉まんでも一緒に食べようか? いいよ、無理すんな。 痛いの、痛いの、飛んでいかなくったって構わない。 池に小石を投げ込んで。あぁ、そうだ、俺にだって、実は昔、こんなことがあってなぁ・・ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly