川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】梅薫るから 言い訳の出来ぬ羽根

投稿日:

 3月には「そろそろ」という言葉が似合うような気がする。新年の誓いから遠くなりつつあっても、今ならまだ間に合うのではないか。何が出来ていなくて、どう、走り出すか。そんなことを考え直してみたり▼制服の採寸という懐かしい響き。毎年の成長を確かめては、父母は丈に応じた服を選んでくれた。新しい匂いのするスタートはとても気持ちが良くて、今はもう遠い昔。過ぎた時間を懐かしみながら焦りを覚えるはいつもいつでも▼言い訳を置いていくのに最適な優しい薫りに、背中を押されようではないか。

梅薫るから 言い訳の出来ぬ羽根

月刊ふあうすと 2013/2月号
裏表紙掲載

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】北風の壁になれない微力たち

東北に吹く風の冷たさを想う、何も出来ない無力を憂う、何かしたがる心が集う、気持ちは温度になって現れるのだと願う。 出来ることを問われ続けた時間だった。出来ることを考え続けなければいけないこれからになっ …

no image

【川柳】空元気弱音を吐いてみませんか   ばた

そんな乾いた笑い方をして。 落ちたまんまで構わない。いいじゃないか、少し、そのままで、無理をしないで。 気がついている、その空元気。 だからほら。今は弱音を吐けばいい。それだってきっと、未来への兆しな …

no image

【川柳】わからないことがわかって青になる   ばた

足踏み、ため息、足踏み、ため息。 こぼして、吐き出して、涙して。どん底から、ようやく見えてきた、空は青。 頑張らないでいい、空っぽになるまで、泣いてみることも、また。 ===   【準佳作】わからない …

【川柳】鮎跳ねる川  泣き虫はもういない   ばた

四万十川川柳全国大会で入賞。 今日、賞状を受けとることが出来ました。賞の名前は四万十ロータリークラブ賞で、選者は番傘川柳本社の森中惠美子さん。 入選していた句は『鮎跳ねる川 泣き虫はもういない』でした …

川柳マガジン初めての特選。

投句を続けて一年ちょっと。 はじめて川柳マガジンで特選に選んでいただきました。活字にしたい句だったので、高い評価が得られて嬉しい。 いいこと、わるいこと。色々ある中の、ほんの温度が心に染みます。 川柳 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly