川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

抹茶フラペチーノへの、遙かなる想い。

投稿日:

アメリカのスタバでは、オーダーのときに名前を聞かれるらしい。日本も同じシステムにしてくれたら「抹茶フラペチーノをお待ちのお客様~」と呼ばれては(やだあの人、抹茶フラペチーノなのね)などと思われているのではないかと不安に怯えることもなくなるのに。僕のプライドを守るためにも。

大学受験を目前にして「将来、落ち着いたら僕はポエマーになりたい。詩を書き綴っていきたいんだよ」と語った先輩に「詩人って、英語でポエット(poet)ですよね?」と指摘したらとても凹んでいたことを思い出した。先輩がその後、希望の大学に進学できぬまま、今どこで何をしているのか僕は知らない。

小林南という交差点があるならば、浅倉南という場所が在ってもおかしくはないだろうと思った。三木市内にて。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

誰かの心に留まるということは、価値になるということ ~フカをキョンする、ゼロをイチにする発想

「フカをキョンしたい」というフレーズを知った、セミたちの合唱の空で。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2016年7月26日 「フカをキョンしたい」という言葉をネット上で見つ …

no image

座高が一番高い、若手しゃちょさんの憂鬱。

ここ数日、嫌な感じの頭痛。 ずきずき。 === お盆、完全にオフモードで休めるよう頑張ってます。 いつからか、「休む」という言葉に罪悪感を覚えるようになってしまいましたが、ときには電波から解放されてみ …

姫路書写山ロープウェイ。

参拝してきます。

イルミネ。

写真にするといい感じ。

no image

自分のblogでさえ、まだ載せたことのない顔なのに。

朝から立て続けに3件、新規のお客様からお電話。 「神戸 印刷」と検索すると、うちの会社が上位で表示。それでお問い合わせの電話を下さるそうです、有り難い限り。 SEOといって、高いお金を払って「検索エン …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly