川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

5月、新緑、定期演奏会、吹奏楽部だった頃の。

投稿日:

今日は母校吹奏楽部の定期演奏会。
現役の頃からずっと5月の連休に行われてきたものだから、この時期、祈るような心弾むような気持ちになる。

午前のリハーサルを終えて午後の本番が始まる前は、市民会館裏の海岸で弁当を食べて過ごした。どうしてか、演奏よりも海で過ごした時間の方が印象的で、5月の風に吹かれるたびその時のことを思い出す。あんなにあった放課後の無限の時間を集約するような一日。僕が「仲間」という言葉を好んで使うようになったのはこの頃からだ。

最近は吹奏楽からも遠ざかり、ピアノを弾く機会もほとんどなくなった。音符と当たり前に在ったころの贅沢を想っては、こなしているだけの日々に焦燥を隠せない。いつもそう、「気がつけば」遅くて、眩しさに嫉妬ばかりしてしまう。「もう、年を重ねてしまったから」なんて、言い訳だということ、実は一番理解しているくせに。

「定期演奏会が終わったら、9回生だけの同窓会をしようよ」。仲間からのメールが届く。2日前に言われても仕事の調整がつかないけど。でも、そんなノリを共有しあえるから仲間なんだな。

後輩たちが何年未来も語ることの出来る、そんな一日になることを祈ってる。どうか素敵な演奏を。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

背の高い本棚、君までに遠い青空。

揺れた日に訪れた背の高い本棚。 ラジオをかけて、新聞を開いている店主。古書店に漂う時間の止まったままの空気は、忙しなく流れる日常を問題提起してくれる。 世相を知るには書店の自己啓発コーナー。背表紙に踊 …

no image

「僕はどうせ」と地に触れた冷たさを知る人は、同じ温度を知る人の気持ちになることができる

ペーパーテストが大の苦手だった。 高校入試の社会科の試験では「核家族」しか解答がわからなかったし、高校時代の通知簿は10段階評価で2をもらったこともある。これくらいの酷い成績になると数字も赤で印字され …

心の瞳で聞いています。

経営勉強会。 寝てない、寝てない。うつらうつらなんて、してないって。 当たり前ですよ、そんな。

カビだらけの食品衛生講習会

このステッカーの貼られた冷水機はカビだらけ。 @新大阪駅構内の丼屋。

神戸の光はまばゆくて。

神戸国際会館あたり。   いつも優しい光景に出会うと、携帯でパチリ。思いつくままの言葉を添えて、blogを更新しています。 神戸は、大阪ほどはぎらぎらしていなくて、街の光が柔らかくて好き。 何気ない街 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly