川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

5月、新緑、定期演奏会、吹奏楽部だった頃の。

投稿日:

今日は母校吹奏楽部の定期演奏会。
現役の頃からずっと5月の連休に行われてきたものだから、この時期、祈るような心弾むような気持ちになる。

午前のリハーサルを終えて午後の本番が始まる前は、市民会館裏の海岸で弁当を食べて過ごした。どうしてか、演奏よりも海で過ごした時間の方が印象的で、5月の風に吹かれるたびその時のことを思い出す。あんなにあった放課後の無限の時間を集約するような一日。僕が「仲間」という言葉を好んで使うようになったのはこの頃からだ。

最近は吹奏楽からも遠ざかり、ピアノを弾く機会もほとんどなくなった。音符と当たり前に在ったころの贅沢を想っては、こなしているだけの日々に焦燥を隠せない。いつもそう、「気がつけば」遅くて、眩しさに嫉妬ばかりしてしまう。「もう、年を重ねてしまったから」なんて、言い訳だということ、実は一番理解しているくせに。

「定期演奏会が終わったら、9回生だけの同窓会をしようよ」。仲間からのメールが届く。2日前に言われても仕事の調整がつかないけど。でも、そんなノリを共有しあえるから仲間なんだな。

後輩たちが何年未来も語ることの出来る、そんな一日になることを祈ってる。どうか素敵な演奏を。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

大阪工業大学にて。

人生をやり直そうとおもって、再受験してきます。 嘘です。

no image

お役に立ちたい3月の半袖。

朝一番で、社内の打ち合わせ。やっぱり何か面白いことをやってみたくて、と、ある実験をしていました。 『神戸で前川企画印刷を見かけたら・・・』 まだ、詳細をベールに包んでは、焦らしてみせるのです。 様々な …

宵のうち、ピアニスト。

感性の、どこか、刺激されたか。 今日はピアニストの顔で。 指の居場所を求めて楽器屋さん。

no image

今日のおやぢっぽい会話。

「KAT-TUNのメンバーって、知ってる?」 「誰も知らん…   あ、でもキョンキョンの横にいてくれたら亀梨君ならわかると思うよ」 あヽ、三十路。

数ある病気のなかで、唯一風邪だけが「引く」と書くその理由について。

「痔を引く」とも「肝硬変を引く」とも言わないのに、唯一「引く」と書く病気が風邪。「引く」には「吸い込む」という意味があり、古来中国では、邪(よこしま)な風が身体に影響を与えることで病気になるのだと考え …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly