川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

5月、新緑、定期演奏会、吹奏楽部だった頃の。

投稿日:

今日は母校吹奏楽部の定期演奏会。
現役の頃からずっと5月の連休に行われてきたものだから、この時期、祈るような心弾むような気持ちになる。

午前のリハーサルを終えて午後の本番が始まる前は、市民会館裏の海岸で弁当を食べて過ごした。どうしてか、演奏よりも海で過ごした時間の方が印象的で、5月の風に吹かれるたびその時のことを思い出す。あんなにあった放課後の無限の時間を集約するような一日。僕が「仲間」という言葉を好んで使うようになったのはこの頃からだ。

最近は吹奏楽からも遠ざかり、ピアノを弾く機会もほとんどなくなった。音符と当たり前に在ったころの贅沢を想っては、こなしているだけの日々に焦燥を隠せない。いつもそう、「気がつけば」遅くて、眩しさに嫉妬ばかりしてしまう。「もう、年を重ねてしまったから」なんて、言い訳だということ、実は一番理解しているくせに。

「定期演奏会が終わったら、9回生だけの同窓会をしようよ」。仲間からのメールが届く。2日前に言われても仕事の調整がつかないけど。でも、そんなノリを共有しあえるから仲間なんだな。

後輩たちが何年未来も語ることの出来る、そんな一日になることを祈ってる。どうか素敵な演奏を。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

西へ夕暮れへ。

@高速の乗り口 秋はそろそろ、仕事はまだまだ。

名古屋に来ています。

全国ツアー初日、そして千秋楽。 きしめんに会いに来ました。食わねば!

急角度にステージを見下ろして。

いまから、松山千春さんコンサートです。たくさん泣いてきます。 3階席で、見づらい…。

明石で一番可愛い犬(親バカ)。

うちの末っ子、ジュニアです。

尾道らーめん『柿岡や』(明石駅前)

店員の私語がやかましすぎる。アカンわ、こんな店。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly