川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】ポケットの昨日を消した衣替え

投稿日:

蛍の好きな甘い水がどんなものか調べていると、実は成虫になってからは夜露を飲むばかりで、幼虫時代に蓄えた養分だけで生きているのだということを知る。故に短い成虫期。光のためにすべてを生きている、さて、その生き方を知って僕は▼えいやっと半袖たちを呼んでくる。すこしまだ肌寒いくらいのタイミングに、気恥ずかしさを覚えないわけでもない。先を走り出したような気持ちで、この5ヶ月の遅れを取り戻そうと決めるスイッチ。昨日までのモヤモヤを詰めたポケットは、ここで一度、空にして。

ポケットの昨日を消した衣替え

月刊ふあうすと 2013/6月号
裏表紙掲載

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】釣鐘のある当然とハイヒール   ばた

ない時代、強いられた時代、贅沢は敵とされ。 やがて、その象徴たる存在も、徴収され、形を変え、平和を破る轟音となった。 ほんの数十年前に、 そこに、あるべきものがなかった景色があったのだということを現代 …

no image

【川柳】お化けだといえば信じて子の寝息   ばた

子:(夜更かしをしたいとぐずっている) 母:「悪い子は、お化けがさらっていっちゃうぞ」 子:「お化けなんて来ないもん!」 母:(ドアをノックしてみせて)  「ほーら、来たよ、来たよ」 子:(子供、震え …

no image

【川柳】膝を曲げ今日のドラマを聞いてやる   ばた

一緒に笑って、怒って、泣いて。 おんなじようにしてくれたから、優しくなれました。その高さにいてくれたことが、いま、とても懐かしく、温かいのです。 どうもありがとう、きっと、こんな風だったのですね。 よ …

no image

【川柳】靴紐を結び直してリスタート   ばた

走ってもいい、歩いてもいい。ただ、前を向いていよう。前に向かってみよう。 焦ることはない。 いつだって、再出発は出来る。 深呼吸でもしながら、靴紐でも結び直して。ただ、前を向いていよう。前に向かってみ …

no image

【川柳】タッパーの音 故郷は秋祭り   ばた

そこに置いてきたものがあります。 そこに飛ばしているものがあります。そこから飛んでくるものがあります。 僕は その線の温もりを 時々は思い出して 嬉しいような、罪悪感のような複雑な気持ちを抱きながら …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly