川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】ポケットの昨日を消した衣替え

投稿日:

蛍の好きな甘い水がどんなものか調べていると、実は成虫になってからは夜露を飲むばかりで、幼虫時代に蓄えた養分だけで生きているのだということを知る。故に短い成虫期。光のためにすべてを生きている、さて、その生き方を知って僕は▼えいやっと半袖たちを呼んでくる。すこしまだ肌寒いくらいのタイミングに、気恥ずかしさを覚えないわけでもない。先を走り出したような気持ちで、この5ヶ月の遅れを取り戻そうと決めるスイッチ。昨日までのモヤモヤを詰めたポケットは、ここで一度、空にして。

ポケットの昨日を消した衣替え

月刊ふあうすと 2013/6月号
裏表紙掲載

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】気遣いを巧みに見せる句読点   ばた

行間の読めてしまう、そんなあなたの優しさに。 あなたらしいですね。あなたなんですね。 確かめるようにして、 じわり広がる温もりを、今、受け止めています。味わっています。 ありがとう。 ===   【佳 …

no image

【川柳】千年の未来へ 龍の起きあがる

土埃の匂い、ブルーシートの屋根、瓦礫の街を抜けて、大学受験に向かった阪神淡路大震災。 失った悲しみよりも、受験という緊張よりも、触れてくれた優しさのひとつひとつが、今の僕を形成している。 神戸だからこ …

no image

【川柳】ポケットに風を吹かせて恋心   ばた

得意な気持ちで、ポケットに手を入れて。弾むような毎日。 新しい風が吹き込み続けて、音符のような足取りの。 そんな恋を、したことがありますか。 ===   【佳作】ポケットに風を吹かせて恋心     月 …

no image

【川柳】先生の嘘 今もまだ体温に

個性というそれぞれを守るために、先生は嘘をついてくれた。貫いてくれた嘘は、僕のなかを生きていて、今を形成してくれている。 「あした」とは、「明日」という目先ではなく「未来」のこと。 余韻がこんなに長く …

no image

【川柳】少年の涙で僕は言いました   ばた

訴えかける気持ち。一生懸命、一生懸命。 純粋な想いを、人は、子供の頃の涙を伴って言うのです。 ===   【佳作】少年の涙で僕は言いました     月刊川柳マガジン2006年7月号    第5回川柳マ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly