川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】ポケットの昨日を消した衣替え

投稿日:

蛍の好きな甘い水がどんなものか調べていると、実は成虫になってからは夜露を飲むばかりで、幼虫時代に蓄えた養分だけで生きているのだということを知る。故に短い成虫期。光のためにすべてを生きている、さて、その生き方を知って僕は▼えいやっと半袖たちを呼んでくる。すこしまだ肌寒いくらいのタイミングに、気恥ずかしさを覚えないわけでもない。先を走り出したような気持ちで、この5ヶ月の遅れを取り戻そうと決めるスイッチ。昨日までのモヤモヤを詰めたポケットは、ここで一度、空にして。

ポケットの昨日を消した衣替え

月刊ふあうすと 2013/6月号
裏表紙掲載

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】真実を写さぬように選る角度   ばた

化粧も何もない、あるがままの貴方と。 分かり合えたような、時間でした。夢見がちな、未来のことでした。 なのに、残そうとするものはいつも、形ばかりが先行して。 どうして選んでばかりだったのでしょうか。そ …

【川柳】鮎跳ねる川  泣き虫はもういない   ばた

四万十川川柳全国大会で入賞。 今日、賞状を受けとることが出来ました。賞の名前は四万十ロータリークラブ賞で、選者は番傘川柳本社の森中惠美子さん。 入選していた句は『鮎跳ねる川 泣き虫はもういない』でした …

no image

【川柳】LLであれば色など形など   ばた

見てくれやないです、男は中身です。はい、はい、何とでもどうぞ。 えぇ、慣れてますから。 もういいですか? ご苦労様でしたー。   あ、おかーちゃん、おかわりお願いね。 ===   【佳作】LLであれば …

no image

【川柳】別離から三日 玉子を割っている   ばた

ふっきれたのか。涙を流すための、「生」をいただいているのか。 肩を落とす淋しさも、生きているからこそで。 ===   【佳作】別離から三日 玉子を割っている     月刊川柳マガジン2007年11月号 …

no image

【川柳】青春の火種に息を吹き掛ける   ばた

今月の川柳マガジンでは2つ選んで頂きました。 大人になっても、いくつになっても、まるで少年の頃のようにびびっと何かを感じて、心が熱くなる瞬間があります。 既成概念に捉われず、いつも、行動に情熱の伴う、 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly