川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】ポケットの昨日を消した衣替え

投稿日:

蛍の好きな甘い水がどんなものか調べていると、実は成虫になってからは夜露を飲むばかりで、幼虫時代に蓄えた養分だけで生きているのだということを知る。故に短い成虫期。光のためにすべてを生きている、さて、その生き方を知って僕は▼えいやっと半袖たちを呼んでくる。すこしまだ肌寒いくらいのタイミングに、気恥ずかしさを覚えないわけでもない。先を走り出したような気持ちで、この5ヶ月の遅れを取り戻そうと決めるスイッチ。昨日までのモヤモヤを詰めたポケットは、ここで一度、空にして。

ポケットの昨日を消した衣替え

月刊ふあうすと 2013/6月号
裏表紙掲載

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】年金の増える手品はないですか   ばた

お役所仕事って、こういうことなんだよ。 子どもたちに聞かせる話。 おーい、役所の皆様方、拝啓、拝啓。 ===   【佳作】年金の増える手品はないですか     月刊川柳マガジン2007年08月号    …

no image

【川柳】梅薫るから 言い訳の出来ぬ羽根

 3月には「そろそろ」という言葉が似合うような気がする。新年の誓いから遠くなりつつあっても、今ならまだ間に合うのではないか。何が出来ていなくて、どう、走り出すか。そんなことを考え直してみたり▼制服の採 …

全国川柳作家年鑑(ふあうすと)。

うちの会社で制作した全国川柳作家年鑑(ふあうすと)。 自分自身も出句しておいたので、自宅に送られてきました。制作して、印刷して、納品したものが、再び自宅に送られてくるのも妙な感じ。 「明石にこの人あり …

no image

【川柳】凧上げをおとぎ話にしない青   ばた

大台、十の位が変わって。 次の世代に何を残そうか、なんて、大人を気取ってみる。 実は案外、「青い海」を見たことのない僕らだ。果たして、空の青さはいつかの思い出話になってはしまわないか。 この青の、風の …

no image

【川柳】星の降る今日はいい子にしていよう  ばた

いじめることは   ― 自分の心に棘を植えてしまうこと いじめられて希望を失うことは   ― 鈴の音に耳を塞いでしまう淋しいこと 空の広さと、星の瞬きは、君と彼とを区別はしない。 だから今日は、みんな …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly