川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

仕組みという言葉が好き。

投稿日:

仕組みという言葉が好き。ゼロは何処までもゼロだけれど、ゼロがイチになることを体験出来たら、あとはその方法の露出と接触の機会を高めたらいい。

もっとも、この方法で際立ってしまうのは個であり、組織にはならない。個というイチの存在に依存してしまうことはリスクそのもので、そのパワーバランスや出口への動線については試行錯誤が必要だ。

出来ていないことの多いまま発信に注力する姿を見せることは、なんだか申し訳ない気持ちもあった。それでも、いま、実験を重ねている幾つかの成果は、お客さんに還元していくことが出来るような気はしてきた。

仮説と継続。
体験していることだから、語尾を強くして言えること、寄り添えること。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

きっと大丈夫という根拠のない生き方からの脱却

2016年は、前に出た一年だった。目立つことをたくさんした。 音楽もした。人前で発表もした。セミナーの講師や司会の依頼もたくさんあって、この10年で一番充実していたように思う。本気で取り組みたい新しい …

明石子午線どんとこいおどり。

『ときめいてひとおどり』だ、そうです。

「一緒に本でも書こうか、賞を狙おうか」 ~倒れた94歳の祖母へ、僕のルーツへ

昨日の同友会の発表では、自分の父親のことを話した。つまり、自分のルーツについて。 そのルーツについて話した次の日に、さらなる源流である祖母(父の母)の見舞いに訪れた。祖母はこの夏に倒れて、垂水の病院に …

すいかの収穫。

おいしく出来てるかなあ。

no image

震災の映像のどこかで、父は、ひととして在り続ける。

あの「阪神・淡路大震災」で本当は一体何が起きていたのか、その真実がよくわかるムービー集 – GIGAZINE 毎年、一番の泣き虫になってしまう日がやってきた。 今年は上のサイトの映像を眺め …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly