川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

明石駅前、地酒屋鳴門さんの移転が決まった。

投稿日:

明石駅前、地酒屋鳴門さんの移転が決まった。

地酒屋 鳴門さん 移転と新店舗のご案内 – 地酒焼酎 岩井寿商店 飲みっ話日記 – 楽天ブログ(Blog)

ここでしか飲めない日本酒があって、ここでしか会えない人がいる。夜中に時々訪れては、カウンターに並んだ同士で盃を交わし合う。昭和の雰囲気って、きっとこんなだったんだろう。僕はこの空間を愛してやまない。

駅前の再開発による立ち退きで、マスターは移転するか閉店してしまうかずっと悩んでいた。華やいだ店の苦手な僕にとって、一人でもふらっと立ち寄ることの出来る場所がこれからも存続することは本当に嬉しい。

「今日、来ると思ってたで」

そんな風に言って、席をひとつ残しておいてくれたりする。その漢気に惚れてここに集う人たちは、肩書きも年齢も関係なく、毎日を少し吐き出しては、スイッチを切り替えて家路につく。

しんどくて潰れてしまいそうなことが幾度もあった。それでも、ここを抜けて朝に出逢えると、もう一度また頑張ろうという気持ちになれるのだから不思議だ。

僕の匂いを預けられる場所。

嬉しくて。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

裏人生を歩むのは、もう止めよう。

後ろ前、裏返しというプロセスを経た今朝のシャツのせいで、機嫌がよろしくない。 「行動経済学によりますと」なんて語る僕はシャツの前後の区別もつかないし、「コトラーさんの考えた標的市場ってのはつまり」なん …

時々はこんな本も読んだりしています。

研鑽研鑽…。 上手でなくてもいいから、伝わる日本語を心掛けていたいと思います。 さて、一番『伝えたい』ものとは?

ふあうすと川柳大会、句会の雰囲気。

一年に一度の大きな大会です。 入選しますかどうか。いろんな方に声をかけてもらえるのが嬉しいですねー。

no image

大人たちの会議、青春たちの合奏

同友会の会議は、三宮を中心とした神戸市内で行われることが多い。所属している委員会では、一年に一度だけ尼崎で会議を行うことになっているのだけれど、去年はそれが、会場の都合で流れてしまっていたのだった。今 …

no image

病院に呼ばれて。

真夜中の病院。 父親の容態が悪化しています。なんとか小康状態。 このまま落ち着いてほしい。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly