川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

明石駅前、地酒屋鳴門さんの移転が決まった。

投稿日:

明石駅前、地酒屋鳴門さんの移転が決まった。

地酒屋 鳴門さん 移転と新店舗のご案内 – 地酒焼酎 岩井寿商店 飲みっ話日記 – 楽天ブログ(Blog)

ここでしか飲めない日本酒があって、ここでしか会えない人がいる。夜中に時々訪れては、カウンターに並んだ同士で盃を交わし合う。昭和の雰囲気って、きっとこんなだったんだろう。僕はこの空間を愛してやまない。

駅前の再開発による立ち退きで、マスターは移転するか閉店してしまうかずっと悩んでいた。華やいだ店の苦手な僕にとって、一人でもふらっと立ち寄ることの出来る場所がこれからも存続することは本当に嬉しい。

「今日、来ると思ってたで」

そんな風に言って、席をひとつ残しておいてくれたりする。その漢気に惚れてここに集う人たちは、肩書きも年齢も関係なく、毎日を少し吐き出しては、スイッチを切り替えて家路につく。

しんどくて潰れてしまいそうなことが幾度もあった。それでも、ここを抜けて朝に出逢えると、もう一度また頑張ろうという気持ちになれるのだから不思議だ。

僕の匂いを預けられる場所。

嬉しくて。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

メインのパソコンを奪われて。

学会の近いゆうこさんにパソコンを奪われ、本日はサブパソコンからお届けしています。

no image

批判には世界を変えるチカラがあるけれど、ひとの名前を呼び捨てにするのは勿体ない

twitterやFacebookが一般的なものになって、いろんな意見に触れることが出来るようになった。テレビや雑誌、メディアというフィルターを通じてしか世界の考え方を知ることができなかった時代を思えば …

no image

そしてココからの10年を思う。

幼稚園の頃から、高校まで。ずっと学校が同じ、クラスも一緒、そしてクラブ(吹奏楽部)でも同じ時間を過ごしたYと食事。 彼女とは26年の付き合い。 全部知ってくれている人がいるというのは、頼もしい、心強い …

懐かしい景色。

@神戸ワイン城 先週に引き続き今日も先代のM社長にお会いしました。のんびりと、心を休めています。

三田永沢寺花しょうぶ園。

そば打ち体験してきます。(これ、書いてる現在圏外だ…)

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly