川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

事務所の移転を伝えるとき、変化を決めるとき。

投稿日:

幼かった二人のお子さんのダンスがどんどん上達していくのを、僕たちは毎年その発表会に足を運んで確かめた。つまり、いまの事務所の大家さん家族とは色々なお付き合いがあったわけで、移転することを正式に伝えるのは躊躇われた。良くしてくださったことを、心から感謝している。

移転といっても、場所は道を挟んで向かい側。これまでと比べて間口が広くなる。「お客さんへの提案を具現化」するためには「コミュニケーションの質を高める」ことが課題の一つだと思っている。ずっと理想に描いていたカウンターでお客様をお迎えするという態勢を整えて、聞いて終わらない印刷屋のスタイルを目指していく。最近の社内授業は、専ら、ひとの心が心地良く・不快に動く言葉の選び方だ。

前川企画印刷のトップページで、メンバーそれぞれのブログの更新状況を告知するように設定を行った。「ひとはひとからモノを買う。売るのではなく選ばれる会社」になるためには、知識やセオリーがあるのは当然として、その語り部の表情を伝えていかなければならない。広告に携わる人間であるならば、その発信や表現の継続に価値があることを身をもって証明する必要がある。

「そういえば、**さんのブログが更新されていませんね」というご指摘に、さて、返るのは行動か、言い訳か。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

繁華街のど真ん中でお好み焼き。

どっちかって言うと、もんじゃ焼きかな。涙目で、僕を置いてけぼりにする友人たちの背中を見送ったよ。 繁華街のど真ん中で、吐いたゲロの思い出。

no image

北のいいとこ牛っとバーガーと、おっさんの勇気と

ネーミングの公募で話題になったマクドナルドの「北のいいとこ牛っとバーガー」を食べてみたくなった。 「えっと、あの、新商品のアレ、お願いします」 「期間限定てりたまバーガーでよろしかったですか?」 「あ …

no image

思えば汚れた大人になってしまったものだ。

「大丈夫、そのうち理解出来るようになるから」「俺も最初はよくわからなかったよ」「心配しないでいい。今はまだ、わからなくて当然」 どうやら、年上の彼氏が彼女に勉強を教えているところらしい。午後の賑やかな …

ふらんす堂から出版された益岡茱萸(ますおかぐみ)俳句句集「汽水」を発注した!

同じコピーライターである益岡茱萸(ますおかぐみ)さんの汽水(句集)を発注。 益岡茱萸さんは、コピーライターとして言葉を武器として広告業界を生き抜いてきた方だ。コピーは俳句とはちがう。どんなにすぐれたコ …

no image

ピアノと言葉と脳みそと。

集中力なんて、そんなに長続きするわけもなく。 週末に自宅で仕事をしている時などは、時折気分転換に2階の部屋に置いてあるキーボードとにらめっこ。 適当に指を遊ばせていると、浄化されていく自分を感じて、ひ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly